投稿日: 2019年07月11日 / 最終更新日: 2019年12月10日

飲食店がクーポンを使って集客UP!効果的な利用方法とは

Tags:     

飲食店における効果的な集客方法として、よく実施されているのがクーポンの発行です。ここでは飲食店がクーポンを発行するメリットをはじめ、飲食店においてクーポンで効果を得るためにはどうするべきか、具体的なクーポンの事例なども交えながらご紹介していきます。

飲食店で使える!クーポンを活用した集客方法

クーポン専門誌はもちろん、地域情報を集めたフリーペーパーやタウン誌、さらには新聞の折り込みチラシまで、今ではあらゆる媒体にクーポンが付いています。美容室やカラオケ、アパレルなど、様々な業態でクーポンがあり、多くの人が利用する一般的なものになっています。

 

その中でも、最も多く使われているのが飲食店ではないでしょうか。レストランのクーポンでは「おまかせコース10%OFF」があったり、居酒屋では「飲食代合計から5%OFF」など、内容も様々。来店客を伸ばすために、効果的なクーポンによる集客方法がとられています。

飲食店でクーポンが効果的な理由

クーポンの魅力。それは、通常よりも安く、お得にメニューを飲食できる点にあるでしょう。同じメニューであっても、「クーポンを使えばこれだけ安くなる」。そう思えば、「知らないお店だけど、お得なので行ってみよう」という気持ちになるもの。新規のお客様を呼び込むことができます。

 

このように新規顧客の獲得はもちろん、リピーターを増やす手法としても飲食店のクーポンは効果的です。たとえば、「前回ご利用より1ヶ月以内の来店で、ドリンク代から10%OFF」というクーポンをお会計の際にお渡しすれば、リピーターになっていただけることも期待できます。短期間で繰り返し来店していただくことで、お店のファンを増やすことにもつながります。

もう一つのクーポンを使うメリット

見込み客の集客にも効果を発揮するクーポンですが、その他にも飲食店にとってメリットがあります。それは、店舗のブランディングです。つまり、お店のイメージ作りにも役立つのです。

 

たとえば、クーポンに美味しそうな料理を掲載したり、インスタ映えしそうなスイーツの写真を載せたりすることで、お店にまだ来たことがないお客様にも、良い印象を与えることができます。その他にも、シェフや店長の手書きのメッセージを添えるなどして、丁寧な印象をお客様に抱いていただくこともできます。

 

クーポンとは、単なるお得情報を盛り込んだものではなく、お店の印象を左右する大事な広告でもあります。そこに盛り込むビジュアルや言葉などを工夫することで、ブランディングに役立てることができます。

魅力的なクーポンにするには?

「とりあえずクーポン専門誌の営業さんにすすめられるまま、割引クーポンを出してみたけど、効果があったのかどうか分からない」。そんな経験をされたことはありませんでしょうか?

 

居酒屋のドリンク無料クーポン、レストランの割引クーポンなど、これだけ様々なクーポンがあふれている今、“とりあえず”で出してみても、効果を実感しにくいかもしれません。クーポンは、しっかりとターゲットを定めて仕掛けることが重要です。その特典はお客様にとって魅力的な特典になっているのか。もう一度、改めて考えてみましょう。

 

また、「有効期限を定める」「割引や無料の特典など、様々なクーポンを発行する」「利用対象者を制限する」といったように、クーポンでの集客効果を高めるためには、様々な内容が考えられます。それぞれのお店に合った魅力的なクーポンになるように、戦略立ててしっかり考えていきましょう。

クーポンで集客するなら、利用有効期限を決めるべし

飲食店におけるクーポンの効果を最も大きく得るために、特に大切なのが有効期限を決めることです。有効期限を定めることで、お客様は「この日までに使わなければ!」という気持ちになり、その有効期限内があるクーポンを意識します。逆に、いつでも使えるクーポンは記憶にも残りづらく、いつの間にか忘れさられてしまう危険性もあるでしょう。

 

有効期限の決め方は、お客様が店舗へ来店するサイクルにあわせると良いとされています。たとえば、「初来店のお客様には、次回は1ヶ月後に来店してもらえるようにしたい」というのであれば、クーポンの有効期限は1ヶ月に設定します。ほかにも「お客様の再来店サイクルを計測したところ、4ヶ月後くらいに次回もご来店いただける」という見込みがあれば、4ヶ月よりも少し短い3ヶ月くらいを有効期限にしてみましょう。割引クーポンで値引きする分、来店サイクルも通常よりも早めるように仕掛けることで利益につながります。

クーポンのメリットは、割引だけでなくバラエティに富ませるべし

クーポンで多い事例としては、「10%OFF」などの金額自体の割引を特典とするイメージがありますが、それだけではありません。たとえば「ソフトドリンク飲み放題無料」「オリジナルデザートプレゼント」「店舗オリジナルグッズのプレゼント」など、様々な特典をクーポンにすることもできます。

 

「○○を注文したお客様のみ」「2杯目以降」などの制限を設けるなど、なるべく店舗の利益に響かない形で考えるようにしましょう。特典内容をバラエティあふれるものにするのはもちろん、「男性限定」「女性限定」「学生限定」「シニア限定」など、顧客層を限定したクーポンにすることもできます。

 

このように多種多様なクーポンを出すことで、どの内容が、どんな層に響くのか、というマーケティングデータを集めることにも役立ちます。単にクーポンを発行して終わりではなく、その後につながることも見据えて戦略的に進めていくことが大事となります。

飲食店におけるクーポンの活用事例

ここでは具体的なクーポンの種類、無料や割引などのクーポン内容の事例、リピーターを増やすための魅力的なクーポンの事例などをご紹介していきます。レストランで使えるクーポンや、居酒屋で使えるクーポンなど、それぞれの業態でどのようなクーポンを作ればメリットをお客様に感じていただけるのか、お店側にとってはどんなクーポンであればメリットを得られるのか、ご自身のお店の状況を思い浮かべながら確認していきましょう。

【クーポンの事例1】 単品無料クーポン

「ビール1杯無料」といったように、無料を特典とするクーポンです。その他にも「1000円以上のランチ注文で、ソフトドリンク1杯無料」「5000円以上のコースご予約で、食後のデザート無料」といったように、単品での無料をアピールするものです。“無料”という文言はお客様にとっては非常に魅力的なので、その分、効果も高くなります。

 

とはいえ、無料にできるものにも限りはあると思います。ですので、まずはビールやカクテルなどのアルコール、ソフトドリンクをはじめ、フードメニューの中でもサブメニューやデザートなど、飲食店にとって影響の少ないものを選びながら、クーポン内容を考えていくとよいでしょう。

【クーポンの事例2】 価格割引クーポン

無料クーポンと違って、こちらは「○○%OFF」「○○円引き」という割引をウリにしたクーポンの事例となります。たとえば「ビール1杯200円割引」という単品価格を割り引くものもあれば、「飲食代合計から5%OFF」といったように、会計全体から割り引く形のものもあります。また、対象となるのも、個人に対してか、グループ全体に適用されるものかなど、様々な条件を設定することが好ましいでしょう。

【クーポンの事例3】 リピーター向けクーポン

飲食店にとっては、どれだけリピーターを増やせるかが重要なことは言うまでもないと思います。そのリピーター獲得においても、飲食店のクーポンは効果を発揮します。

 

たとえば、「次回ご来店時に、10%OFF」をはじめ、「○回ご来店で、飲み放題15%OFF」「○○フェア開催期間中のご来店で、ディナー単品メニュープレゼント」など、来店回数や割引率などを自由に設定することができます。

 

いずれにしても、何度も通ってくださるお客様はとても重要な存在です。だからこそ、来店回数が増えるに従って、なるべく豪華な特典を用意するとよいでしょう。来店するたびに顧客満足度が高まり、常連客となってくださる可能性も高まります。

アプリクーポンの特徴とメリット

クーポンを活用することが、飲食店への集客に役立ち、事例として様々な用途に合わせてクーポンを打ち出すことできる事例をご紹介してきました。しかし、昨今では紙やカードなどの現物のも以外にスマホアプリでのクーポンを活用している飲食店が目立つようになってきました。

 

アプリクーポンがお客様と飲食店側にどのような特徴とメリットがあるのか両者側からみていきましょう。

お客様への特徴とメリット

スマホで管理ができるため、「忘れた」「無くしてしまった」などクーポンが利用できないということがなくなります。

 

飲食店のアプリを開き、クーポンがあることがきっかけで来店動機に繋がり、お客様はお得に食事を楽しむことができます。また、アプリ内で一括にクーポンを管理することが可能なので、複数枚のクーポンを持っていた場合は、選択できるというお客様の「楽しみ」にもつながります。

飲食店への特徴とメリット

アプリクーポンを配布する際に、お客様にクーポンが届いたことをプッシュ通知でアピールすることができます。そのため、より多くのお客様に周知してもらえるクーポンの発行が可能になります。

 

また、アプリダウンロード時に属性などの顧客情報を取得することができる場合は、その顧客情報をもとにお客様に合わせたクーポンを発行することができます。

 

たとえば、「誕生日クーポン」や「レディースデー」などをはじめ、来店回数や最終来店からの経過日数など、より細かなデータを取得することができれば、常連様には「VIPクーポン」や、しばらくご来店のない方にだけ「会員限定クーポン」などとお客様との関係性にあわせた適切なクーポンを実施することが可能です。

 

つまり、アプリクーポンを飲食店で取り入れることは、「より販促効果の高いクーポン」を、顧客情報をもとに「適切なお客様に」届けることで、集客や売上アップに活用することにつながるといっても過言ではありません。

アプリクーポンの事例

クーポンをアプリで活用できる選択肢として、スタンプカードアプリ「Stamps(スタンプス)」をご紹介いたします。

 

お客様にとっては、様々なお店のスタンプカードを一括管理できるスタンプカードのまとめアプリです。また、飲食店にとっては、顧客情報を活用して、お店のファンとなる会員様に対して自動でクーポン付きのお知らせをプッシュ通知でお客様のスマホに直接届けることができるようになります。

 

来店回数や来店日時をはじめ、性別や生年月日などの顧客情報のデータ蓄積や分析はじめ、再来店のきっかけになりなります。ですので、リピーターづくりに欠かせない機能になります。店舗のお客様情報を見える化することによって、特定のお客様に対してのみピンポイントでの販促もでき、自動でアプローチすることができます。

 

つまり、忙しい飲食店でも手間をかけずにアプリクーポンを利用することができるのです。

参照:スタンプス

 

まとめ: 魅力的なクーポンを使った集客戦略を考えよう

いかがでしたでしょうか。飲食店におけるクーポンでの効果の出し方などをご紹介してきましたが、いずれにしても「クーポンはとりあえず出せば、効果が必ず出るもの」と考えるのではなく、しっかりとお客様がクーポンのメリットを感じられるような内容で発行していくことが大事です。ぜひ魅力的なクーポンによる集客戦略によって、新規のお客様・リピーターのお客様を増やしていきましょう。

スタンプスとは

「スタンプス」は、顧客の継続率98.4%を誇る、顧客管理・販売促進サービスです。スタンプカードアプリとしてのご利用の他、便利な顧客台帳の自動生成、リアルな店舗状況の見える化を実現します。お客様の来店頻度や性別・年齢等に応じたプッシュ通知を自動配信し、常連のお客様を増やすことができます。

スタンプスの概要はこちら
集客ブログ一覧へ戻る

お店のことをもっと好きになってもらえる顧客管理・販売促進サービス

飲食店・美容院・アパレル・カラオケ・小売店など、
様々な業種・業態でご利用いただいております。

導入を検討されている方、機能詳細を知りたい方は、
こちらからお問い合わせください。

問い合わせ・資料請求
フリーダイヤル0120-979-030
資料請求