投稿日: 2016年04月27日 / 最終更新日: 2019年05月10日

若年層に顕著!情報収集方法の変化

Tags:       

インターネット、スマートフォンの普及により、20〜30代の若年層を中心として情報収集の方法やショッピングの方法が大きく変化しています。

2016年4月7日、株式会社ジャストシステムが実施をした「ファッションコマース利用動向調査データ」アンケートによると、20代~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集方法がスマホにシフトしていることがわかりました。スマホが情報源にシフトした事によりどのように消費行動が替わり、また店舗としてどのような対応が必要になるのかを考えてみたいと思います。

若年層の間で利用機会が増えた情報収集ツールは?

「情報収集先」1年前からの変化

出典:「ファッションコマース利用動向調査」(前編)
※2016年4月7日、株式会社ジャストシステムより「ファッションコマース利用動向調査データ」より。

「1年前と比べて利用機会が増えたファッションアイテムの情報収集ツールは?」の問いに対しては、「スマホ・タブレットのWebサイト」(36.6%)、次いで「スマホ・タブレットのアプリ」(26.5%)となっています。

インターネットにつなぐことができ、更に、持ち運びに便利なスマホやタブレットからファッションアイテムを探す機会が増えたことがわかります。
また、20代女性と30代女性で特に利用機会が増えたと感じている人が多いことも本調査でわかりました。「スマホ・タブレットのWebサイトの利用機会が増えた」と回答した20代女性は49.5%、30代女性の43.8%おり、また、「スマホ・タブレットのアプリの利用機会が増えた」と回答した20代女性は32.7%、30代女性は33.7%いました。若年層の女性の中では、いまやスマホ・タブレットで情報収集するのは当たり前の行為となっています。

また、「実店舗」を選ぶ方も半数以上に及びました。

以上の回答結果から推察すると、「情報はスマホやタブレットから入手するが、最終的には実物を見て決めたい」という意向は根強く残っていることがわかります。情報収集段階や検討段階である程度目星をつけ、最終的にお店まで足を運ぶことで、より良い購買体験を実施していることは現代の若者ならではの特徴となっています。

女性が最も反応する情報は?

女性がもっとも反応する通知は?
出典:大幅割引、ポイント制度、時限クーポンも! 使えるスマホ向けアプリを駆使して、日々の買物をより楽しく!

「ショップなどから送られてくる情報のなかで、女性が最も反応するものは?」の問いに対しては「LINEに届くクーポン」(28.1%)、次いで「郵送物(カタログ、DM)」(26.1%)、「スマホに届くプッシュ通知」(22.9%)という順位でした。

意外にも、カタログやDMといった紙媒体の郵送物も効果が高い結果となりました。

対して、スマホに届く情報では、アプリからの通知が画面に表示される「プッシュ通知」の反応が良いこともわかりました。 これは、ファッションに関連する情報だから反応が良いという訳ではなく、どの業種においても「クーポン付きのプッシュ配信メッセージ」に対する反応が良かったため、「顧客にとっての金銭的インセンティブが即座にわかる」ことが求められていると示唆してくれました。

情報が大量に流通している社会ではユーザーにとって大切な情報を見つけることが難しくなりがちですが、プッシュ通知はユーザーにとって必要な情報を最短距離でお届けしており、現代人にとってはありがたい機能なのかもしれません。

20代女性は購入検討時、「リアリティのある情報」に影響を受ける

WEAR

出典:好きなコーデが絶対見つかる!ファッションアプリ「WEAR」をおすすめしたい理由

「1年前と比べて、ファッションに関して影響を受ける人や情報に変化があったか?」の問いに対しては、「街中の素敵なディスプレイから影響を受ける機会が増えた」(13.9%)と回答した人が最も多い結果となりました。

20代女性に限ってみると、「好きなブランドやショップのニュース」(29.7%)や「好きなブランドやショップからのSNS投稿」(26.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多い結果となりました。同時に、「街中の素敵なディスプレイ」(29.7%)や「街中のおしゃれな人」(25.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多く、よりリアリティのある情報を参考にする人も多いようです。

スマホからの情報収集が多くなってきてから、雑誌などで提案されている「作られた情報」よりも「より身近でリアリティのあるコーデ」を知りたいというニーズが高まっていると考えられます。

具体的には、ブログやTwitter、Instagram(インスタグラム)などのSNSを活用してショップスタッフの「今日のスタッフおすすめコーデ」「新入荷のアイテムでコーデしてみました」「これ売れてます!」「〇〇の時にピッタリなコーデ(シーンの提案)」「人気の〇〇を使ったコーデ(流行アイテムの活用方法)」などのシーンや着回しを求めるユーザーが増加していると考えられます。

お店でSNSをうまく活用すればが「お店に行く前にチェックする」という店舗情報検索よりも「リアリティのある情報源としてマメにチェックする」という身近な存在に変わり、よりショップやブランドに対してのファン度が高まることかもしれないと考えられるのです。

リアリティを求めてSNS検索する女性たち

「インスタ映え」という言葉を耳にする様になって久しくありません。Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)などのSNSには、写真を投稿することができます。トレンドのファッションコーディテート・メイクなどに関するアイテムを利用している女性ユーザー、芸能人、モデルの写真がSNS検索で得られるリアリティなのです。

SNS検索でのリアリティとは、「本音が知りたい」ため、若い女性は信頼できる情報としてSNS検索を利用しています。では、どのようにSNS検索が行われているのでしょうか。

ハッシュタグ(#)がSNS検索の鍵

多くのSNSには、同時に「ハッシュタグ(#)」という機能が備わっています。SNS検索では、この「ハッシュタグ(#)」をつけた投稿や検索が非常に大きな役割を担っています。

ハッシュタグ検索は、検索ワードなど明確な目的意識を持った能動的なユーザーに活用されています。

例えば、Instagram(インスタグラム)を利用している女性が、「今度のネイルのデザインはどうしようかな?」と検索するとします。検索スペースに「ネイル」と入力するとネイル関連のハッシュタグの一覧が出てきます。

好みのハッシュタグフレーズを選択すると投稿画像の一覧が表示されます。また、ネイルへの関心が強い人であれば、そのハッシュタグをフォローすれば、人気の投稿画像が毎週自分のアカウントのタイムラインに表示される様になり、最新情報が受け取ることが可能です。

さらに、ヒット件数が非常に多い場合は、さらに詳しい検索ワードを加えて検索・選択すれば、無駄な情報を省くことが可能になります。

タイムラインで受動的に情報収集

上記の様に明確な目的を持ってSNSでの検索する女性ばかりではありません。たまたまSNSをチェックしたタイミングで表示された情報を受動的に受け取り、興味を持つきっかけになるというような受け身型の情報収集する傾向も高くなっています。

これは、もちろんフォローしている人数の多さなどにもよりますが、最新情報が知りたいという即時性にあり、隙間時間を見つけてはこのようにSNSでの検索を利用しています。

憧れる一般ユーザーやショップスタッフ、モデルや芸能人の最新情報の検索にはとても優れていると言えます。日常のライフスタイルの中で最新情報が自然に得られるという点で大変優れていると言えます。

Instagramのショッピング機能(ShopNow)でSNS検索から購入が可能に

Instagramのショッピング機能(ShopNow)とは、投稿した商品写真へタグ付けすること(製品タグ)によって、ネットショップの商品購入ページに誘導することができる無料機能です。

この機能は、写真上に商品名や価格などの必要な情報を表示させた上で、直接購入ページに誘導できるため、ユーザーにとっては大変効率的な機能です。また、複数の製品タグが表示されるので、フルコーディネートでの購入も可能です。

また、販売側にとっては、購入率のアップに繋がる他にも、1つの写真に5つまで製品タグを設置できるのでまとめ買いなどの客単価アップが期待できます。

まとめ

スマホやインターネットが主な情報源になっている今の時代、情報集方法は変化し、ファッションだけに限らず様々な分野のネット上の口コミや、SNSの情報が若者にとって重要になりつつあります。

SNSを考えていただけるとわかりやすいのですが、「一人一人がメディアの発信源」となっているのが現代の特徴です。店舗だけでなく個人からスマホに届くメッセージを起点に消費活動をしている消費者に対して、店舗側も、「プッシュ通知でのメッセージ配信」「SNSを利用したスタッフのリアリティのある商品提案」など、現代の若年層の行動を考えた施策を実施すると効果的だと言えます。

より消費者の目に触れやすく、情報を受け取ってもらいやすい情報発信方法は何か考えて、時代に沿ったコミュニケーションをとることが求められているのです。

Webサイト、メール、SNS、紙媒体を縦割りで施策を行うのではなく、それぞれのメディアの特徴や若年層の情報収集方法をかんがみた上で、相乗効果を得られるような販促策を実行していきたいですね。

集客ブログ一覧へ戻る

お店のことをもっと好きになってもらえる顧客管理・販売促進サービス

飲食店・美容院・アパレル・カラオケ・小売店など、
様々な業種・業態でご利用いただいております。

導入を検討されている方、機能詳細を知りたい方は、
こちらからお問い合わせください。

問い合わせ・資料請求
フリーダイヤル0120-979-030
お問い合わせ