投稿日: 2016年04月13日 / 最終更新日: 2019年07月04日

業界別!Instagram人気アカウント特集

Tags:   


2014年以降、急速にユーザーを増やしている写真投稿SNS「Instagram」。
公式サイトの発表によると、2019年度の月間アクティブユーザー数は全世界で10億人、国内だけでも3,300万人になります。また、1日に投稿されるストーリーズは5億以上だといいます。
ユーザーとの新しい接点としてファッションブランドだけではなく、雑誌メディア、雑貨店、食品関連の企業など業種を問わずアカウントを開設し、Instagramを活用して新たなファンを獲得しています。
今回は人気のインスタグラムアカウントを運営している企業をピックアップして、その活用事例などをご紹介いたします。

インスタグラム企業人気アカウント:ファッション

ファッション:MOUSSY

出典:Instagram「MOUSSY公式アカウント」
レディスアパレルブランド「MOUSSY(マウジー)」のインスタグラムアカウントは、プロのモデルの写真を中心にスタッフ写真やアイテム写真が数多く投稿されています。
WEBカタログのような感覚でクオリティの高い写真を見ることができます。投稿には毎回数千件のいいね!や、ユーザーから「欲しい」「かわいい」「いつ発売?」などのコメントが寄せられています。
コメントを見る限り、ファンに対して、新商品をInstagram経由で紹介し、購買意欲を喚起し、来店(またはオンラインショップ)につなげるという流れができています。

WEGO

出典:Instagram「WEGO公式アカウント」
古着からオリジナルアイテムまで展開を広げるWEGO(ウィゴー)は、モデルやアーティスト、スタイリストなど多くの著名人のコーディネートが登場するのが特徴です。
WEGOのファッションが好きなユーザー以外にも、その著名人のファンがWEGOのアカウントをフォローする事でアカウント数がアップするなど著名人=インフルエンサーとのコラボを積極的に行うインスタグラムアカウント運用をしています。

インスタグラム企業人気アカウント:雑貨

北欧、暮らしの道具店

北欧、暮らしの道具店
出典:opt ユーザー急増中!インスタグラムで参考になる企業アカウント紹介
Facebookなどでも人気のネットショップ「北欧、暮らしの道具店」は人気の生活雑貨を紹介しているインスタグラムアカウントです。
写真に特化したInstagram内では、写真1つ1つがカラーで統一されていたり、アイテムの置き方1つをとってみても、商品が一番魅力的に見える角度を計算して写真を撮っているというこだわりが分かります。
「#色集めごっこ」というハッシュタグを使ってそのカラーのアイテムを紹介しています。きれいで、見ているだけで楽しく、幸せな気持ちになります。

ニトリ

出典:Instagram「ニトリ公式アカウント」

「お、値段以上。」のキャッチフレーズでお馴染みのインテリアショップ「ニトリ」の公式インスタグラムです。

ニトリの家具や雑貨でコーディネートしたユーザーのお部屋やインテリアについて、#mynitoriをつけて投稿されています。

ニトリを身近に感じることができ、他のユーザーのコーディネートを参考にできるなどユーザーにとってもメリットがあり、ニトリとしても宣伝効果に一役かっています。

インスタグラム企業人気アカウント:観光

観光地でもInstagramで情報を配信しています。

清水寺

清水寺
出典:opt ユーザー急増中!インスタグラムで参考になる企業アカウント紹介

音羽山 清水寺のアカウントでは、年間を通して、季節の移ろいや年間行事などが伝わる清水寺の美しい様子の写真をアップしています。

フォロワー数の推移を見ると、年明けに3万5千人だったフォロワーが13日には5万6千人と急増しています。

海外からの観光客の誘致も写真だけで雰囲気が伝わりやすいInstagramが一役買いそうです。

じゃらん

出典:Instagram「じゃらん公式アカウント」

2016年4月にアカウント開設以降、イメージキャラクターの旅猫「にゃらん」がじゃらん編集長と共にコンテンツを配信しています。

季節感のある風景や食べ物をはじめ、にゃらんの愛らしい写真投稿を多くのファンは楽しみにしているようです。また「~にゃ。」など猫らしい語尾になっています。

また、フォトコンテストのイベントを開催することも多く、様々な部門で表彰し、優秀作品はじゃらんに掲載しています。

まとめ

必ずしも大手企業、ブランドばかりではなく、小さなショップ、お店なども人気アカウントになっているということが分かりました。

投稿内容は製作途中の作品の写真や、製作風景の動画が多くあり、そのブランドやお店の世界感をオシャレな写真で上手に伝えていることがポイントと考えられます。

「SNS上に場を作って終わり」ではなく、お客様やネットユーザーの興味・関心を引くような情報を配信し、興味を持った方を購入へ動機づけ〜ファン作りをするというサイクルを繰り返しながら活用していくという事は、TwitterやFacebookなどの他のSNSと同様なのですが、Instagramの場合は、そのブランドやお店の世界感をオシャレな写真で上手に伝えていること、積極的に情報収集をしようというよりも、雑誌感覚で手軽に眺めているユーザーが多い傾向があるため、パラパラと眺めているうちに雰囲気で「オシャレだな」「かわいいな」「もっと知りたいな」と思ってもらえるような写真をこまめに更新していく事がポイントと考えられます。

上記以外にもインスタグラム上で人気のアカウントはたくさんあります。それらをチェックして、自社のインスタグラム更新の参考にしてみてはいかがでしょうか?

集客ブログ一覧へ戻る

お店のことをもっと好きになってもらえる顧客管理・販売促進サービス

飲食店・美容院・アパレル・カラオケ・小売店など、
様々な業種・業態でご利用いただいております。

導入を検討されている方、機能詳細を知りたい方は、
こちらからお問い合わせください。

問い合わせ・資料請求
フリーダイヤル0120-979-030
お問い合わせ