事例紹介

顧客分析で属性・利用状況に応じて情報発信

ライブハウスLOOP エスエルディー プロデューサー 小池仁様

ライブハウスLOOP スタンプス(stamps)導入事例画像

渋谷と代官山を拠点にするライブハウス「LOOP」。メジャーから、インディーズまで幅広いアーティストが出演するライブハウスにて、スタンプス(Stamps)をご利用いただいております。

ライブハウスLOOP公式HP:http://www.live-loop.com/

今回は、ライブハウスLOOPを運営する株式会社SLDの小池仁プロデューサー(以下、敬称略「小池」)にインタビューさせて頂きました。

ライブハウスLOOP プロデューサー小池様

スタンプスを導入したきっかけ

ーこの度は、貴重なお時間をいただきありがとうございます。
ー早速インタビューをはじめさせていただきます。まず最初にお伺いしたいのが、LOOPでスタンプス(Stamps)を導入いただくようになったきっかけです。弊社のCOOの大薮がバンドでライブをする時によく利用させて頂いていることがきっかけでお話させて頂いたとか。

小池 そうですね。以前、彼がライブをしている時に、サービスをやっているから一度話を聞いてくれないかと相談されたのがきっかけでしたね。ただ、正直なところ最初は聞くだけ聞いてやっても良いかなという感じでした(笑) 

ーそうだったんですね!それがどうしたきっかけでスタンプス(Stamps)の導入を決められたんですか?

小池 まず第一にサービスが秀逸だった、この1点につきます。個人的に知人・友人にIT関連の方が多く、普通の人よりは比較的こういうアプリサービスに明るいと思うのですが、『スタンプス(Stamps)』はUIや細かいディテール・デザインまでよくできていて、惹かれました。

小池 次に、ライブハウスでもお客様の囲い込みが非常に重要になってきていると感じていたからです。今までは、箱があって人気アーティストさえ呼べればそれだけでお客様に来てもらうことができた。ただ、それだけだとアーティストにお客様がつくだけであって、LOOPにつくわけではない。

昨今CDが売れなくなってきている一方で、アーティストにとってライブの重要性は増してきている。そんな中でお客様がしっかりついているライブハウスとしてLOOPを確立することが出来れば、アーティストが箱を選ぶときにも大きなアドバンテージになると考えていました。

スタンプカードの特典

ーなるほど。スタンプカードの特典はどのように設定されていますか?

小池 3スタンプ貯まったらワンドリンクサービス、5スタンプ貯まったら希望されるライブのチケットが無料でもらえるスタンプカードとして利用しています。

負担をかけないオペレーション

ースタンプスの使い勝手はどうですか?

小池 何より、オペレーションが楽ですね。うちの場合は、入り口にQRコードを掲示していて、入場時に読み込むようにしてもらっています。アプリを起動してQRコードを読み込んでもらうだけなので、紙のスタンプカードとかと違って探す時間とかがかからない分、本当に簡単です。

ー逆に困ったことはありましたか?

小池 紙のスタンプカードと違って、渡して終わりっていう訳ではなくて、アプリをインストールしてもらう分、時間がなくてその場では使ってもらえない・・ということもあります。ただ、スタンプスの場合は紙で初回分のQRコードを渡して、お客様が退店された後でも、時間ある時にアプリのインストールから初回スタンプの取得まで行えるっていうのが助かっていますね。お客様の評判も良いみたいです。

小池 うちでは昨年10月から先行トライアルという形で導入したのですが、もうすでに17スタンプとか持ってる方もいます。行きたいライブに合わせて利用するタイミングを上手く見計らってらっしゃるみたいです(笑)

ライブハウスLOOP インタビュー風景
ーもうそんなに!すごいですね。結構、頻繁に来られる方もいるんですね。

小池 そうなんです。スタンプス(Stamps)のデータ分析の機能で、どれくらいの周期で再来店されているかも観察しているのですが、常連の方はこちらが想定していたよりも早い周期で再来店されていたことが分かりました。

リピーターのお客様は91%を超える

ーデータ分析の機能もかなり使われている?

小池 そうですね。スタンプが満杯になった人数はもとより、1つだけ貯められた人数や、それぞれのスタンプを貯めた日時・イベントの内容などから、どれくらい集客があったか、など定期的にチェックしています。今のところ2月までのお客様でリピートして下さっているお客様は91%を超えていますね。

簡単にお客様の利用状況が把握できる 

ーそうなんですか、9割というのはすごいですね。ちなみに客層としては、どんな方々がお使いですか?

小池 30、40代の女性層が多いですね。これはお気に入りのアーティストのライブに通っている熱心なファンの方が多いので想定通りでした。スタンプス(Stamps)を利用するとこういったお客様の利用状況や属性分析も簡単に出来るのが良いですね!

ライブハウスLOOP 来客者分布図

ー今後のスタンプス(Stamps)利用についてお聞かせ下さい。

小池 今のところまだプッシュ通知を利用していないので積極的に使っていきたいですね!会員数もかなり増えて来たので、客層毎にお気に入りのジャンルのクーポンを送り分けたりしたいと思っています。

ーなるほど!長時間にわたるインタビュー、ありがとうございました!

小池 ありがとうございました。

LOOP様は業態がライブハウスということで、私どもも導入されるまでは、特典の設定や来店時の利用がやや難易度が高いと考えておりましたが、フタをあけてみると多くのお客様が登録されています。

データ分析の機能もしっかりと業務に活用されているなど、スタンプス(Stamps)の特長をしっかり捉えられているという印象を受けました。

飲食店や美容院のようにスタンプカード/ポイントカードの存在が一般的になっている業態とは異なる、LOOP様のようなライブハウスやフェスといった業態でもスタンプスは十分お使いいただけるという好事例かと思います。

SLDの小池マネージャー、インタビューありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!

P.S.

愛読しているLOOP様のブログをご紹介させていただきます!出演アーティスト情報から小池様のオススメ音楽など幅広く毎日更新されていらっしゃいますのでチェックしてみてください!

LOOP OFFICIAL BLOG:http://ameblo.jp/liveloop/

スタンプス(Stamps)についても紹介して下さっています!(感謝)

スタンプカードアプリ『Stamps』スタート!!

ライブハウスLOOP
  • 代官山LOOP
  • 所在地:〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13-12B1
  • 渋谷LOOP annex
  • 所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町14-14コーノビルB1F
  • 共通電話番号:03-6277-5032
  • 店舗ウェブサイト
Top scroll btn