事例紹介

  • ライブハウスLOOP スタンプス(stamps)導入事例画像
    ライブハウス
    顧客分析で属性・利用状況に応じて情報発信
    渋谷と代官山を拠点にするライブハウス「LOOP」。メジャーから、インディーズまで幅広いアーティストが出演するライブハウスにて、スタンプス(Stamps)をご利用いただいております。 ライブハウスLOOP公式HP:http://www.live-loop.com/ 今回は、ライブハウスLOOPを運営する株式会社SLDの小池仁プロデューサー(以下、敬称略「小池」)にインタビューさせて頂きました。 スタンプスを導入したきっかけ ーこの度は、貴重なお時間をいただきありがとうございます。 ー早速インタビューをはじめさせていただきます。まず最初にお伺いしたいのが、LOOPでスタンプス(Stamps)を導入いただくようになったきっかけです。弊社のCOOの大薮がバンドでライブをする時によく利用させて頂いていることがきっかけでお話させて頂いたとか。 小池 そうですね。以前、彼がライブをしている時に、サービスをやっているから一度話を聞いてくれないかと相談されたのがきっかけでしたね。ただ、正直なところ最初は聞くだけ聞いてやっても良いかなという感じでした(笑)  ーそうだったんですね!それがどうしたきっかけでスタンプス(Stamps)の導入を決められたんですか? 小池 まず第一にサービスが秀逸だった、この1点につきます。個人的に知人・友人にIT関連の方が多く、普通の人よりは比較的こういうアプリサービスに明るいと思うのですが、『スタンプス(Stamps)』はUIや細かいディテール・デザインまでよくできていて、惹かれました。 小池 次に、ライブハウスでもお客様の囲い込みが非常に重要になってきていると感じていたからです。今までは、箱があって人気アーティストさえ呼べればそれだけでお客様に来てもらうことができた。ただ、それだけだとアーティストにお客様がつくだけであって、LOOPにつくわけではない。 昨今CDが売れなくなってきている一方で、アーティストにとってライブの重要性は増してきている。そんな中でお客様がしっかりついているライブハウスとしてLOOPを確立することが出来れば、アーティストが箱を選ぶときにも大きなアドバンテージになると考えていました。 スタンプカードの特典 ーなるほど。スタンプカードの特典はどのように設定されていますか? 小池 3スタンプ貯まったらワンドリンクサービス、5スタンプ貯まったら希望されるライブのチケットが無料でもらえるスタンプカードとして利用しています。 負担をかけないオペレーション ースタンプスの使い勝手はどうですか? 小池 何より、オペレーションが楽ですね。うちの場合は、入り口にQRコードを掲示していて、入場時に読み込むようにしてもらっています。アプリを起動してQRコードを読み込んでもらうだけなので、紙のスタンプカードとかと違って探す時間とかがかからない分、本当に簡単です。 ー逆に困ったことはありましたか? 小池 紙のスタンプカードと違って、渡して終わりっていう訳ではなくて、アプリをインストールしてもらう分、時間がなくてその場では使ってもらえない・・ということもあります。ただ、スタンプスの場合は紙で初回分のQRコードを渡して、お客様が退店された後でも、時間ある時にアプリのインストールから初回スタンプの取得まで行えるっていうのが助かっていますね。お客様の評判も良いみたいです。 小池 うちでは昨年10月から先行トライアルという形で導入したのですが、もうすでに17スタンプとか持ってる方もいます。行きたいライブに合わせて利用するタイミングを上手く見計らってらっしゃるみたいです(笑) ーもうそんなに!すごいですね。結構、頻繁に来られる方もいるんですね。 小池 そうなんです。スタンプス(Stamps)のデータ分析の機能で、どれくらいの周期で再来店されているかも観察しているのですが、常連の方はこちらが想定していたよりも早い周期で再来店されていたことが分かりました。 リピーターのお客様は91%を超える ーデータ分析の機能もかなり使われている? 小池 そうですね。スタンプが満杯になった人数はもとより、1つだけ貯められた人数や、それぞれのスタンプを貯めた日時・イベントの内容などから、どれくらい集客があったか、など定期的にチェックしています。今のところ2月までのお客様でリピートして下さっているお客様は91%を超えていますね。 簡単にお客様の利用状況が把握できる  ーそうなんですか、9割というのはすごいですね。ちなみに客層としては、どんな方々がお使いですか? 小池 30、40代の女性層が多いですね。これはお気に入りのアーティストのライブに通っている熱心なファンの方が多いので想定通りでした。スタンプス(Stamps)を利用するとこういったお客様の利用状況や属性分析も簡単に出来るのが良いですね! ー今後のスタンプス(Stamps)利用についてお聞かせ下さい。 小池 今のところまだプッシュ通知を利用していないので積極的に使っていきたいですね!会員数もかなり増えて来たので、客層毎にお気に入りのジャンルのクーポンを送り分けたりしたいと思っています。 ーなるほど!長時間にわたるインタビュー、ありがとうございました! 小池 ありがとうございました。 LOOP様は業態がライブハウスということで、私どもも導入されるまでは、特典の設定や来店時の利用がやや難易度が高いと考えておりましたが、フタをあけてみると多くのお客様が登録されています。 データ分析の機能もしっかりと業務に活用されているなど、スタンプス(Stamps)の特長をしっかり捉えられているという印象を受けました。 飲食店や美容院のようにスタンプカード/ポイントカードの存在が一般的になっている業態とは異なる、LOOP様のようなライブハウスやフェスといった業態でもスタンプスは十分お使いいただけるという好事例かと思います。 SLDの小池マネージャー、インタビューありがとうございました!今後ともよろしくお願いします! P.S. 愛読しているLOOP様のブログをご紹介させていただきます!出演アーティスト情報から小池様のオススメ音楽など幅広く毎日更新されていらっしゃいますのでチェックしてみてください! LOOP OFFICIAL BLOG:http://ameblo.jp/liveloop/ スタンプス(Stamps)についても紹介して下さっています!(感謝) スタンプカードアプリ『Stamps』スタート!! ライブハウスLOOP 代官山LOOP 所在地:〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13-12B1 渋谷LOOP annex 所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町14-14コーノビルB1F 共通電話番号:03-6277-5032 店舗ウェブサイト
  • TimeOutCafe&Diner スタンプス(stamps)導入事例画像
    カフェ・喫茶店
    雨の日割引きやイベント告知にプッシュ通知を活用
    恵比寿、代官山リキッドルーム2階にあるシティガイドマガジンTimeOutとのコラボレーションカフェTimeOutCafe&Dinerの望月様(以下、敬称略「望月」)にスタンプスについてお話を聞きました!NYのロフトのような、ゆったりとしたフランクでお洒落な雰囲気のこちらには、ランチに近所の会社の方々、またPC片手にクリエイターの方々、夜はライブを見に来た方々が集まります! スタンプスを導入したきっかけ ーではまず初めに導入した経緯を教えてください。 望月:紙のスタンプカードを検討していたところスタンプスの話を聞き、多くの方が持っているスマートフォンで管理できるならば、紙の印刷コストもかからずとても良いと思いすぐに導入しました。紙のカードとの併用も考えましたが、お客様にもすぐに浸透していったのでポイントカードは結局このアプリ一本で運営できていてとても楽です。 ー導入して大変だったことはありましたか? 望月:やはり最初はスタッフが慣れることが大変でした。特に、導入当初少しこちら側の作業で少し手間のいる部分があり、それが多少大変だったのですが、アプリが大幅にバージョンアップされ今ではスムーズに行えています。 ーなにかあればすぐ改善に努めますので是非お教えください!   オペレーションについて ー運用にあたって工夫や気をつけていることはありますか? 望月:レジにてお声かけをしています。うちはスタッフがある程度固定しているのもあってか、もう流れは定着しているので、特に決まって気をつけている事はありません。もちろんポイントの付け間違いはしないようにしています。 リピーター獲得! ーどのように会員を増やしましたか? 望月:最初はテーブルにポップと、ランチのお客様を中心にチラシをお渡ししました。特にランチのお客様はこの辺りの方々が多いので、一度アプリを入れていただくと、それを機にまた来店していただけました。 ーなるほど。リピーター獲得に繋がったのですね。スタンプスの中でお気に入りの機能はありますか? 望月:雨の日割引きやイベントの告知のためにプッシュ通知を活用しています。特に火曜日が来客数落ち込むので、その補強で使っていますが、反応はいい感じです。 SNSとの使い分け ーSNSとの違いはありますか? 望月:Facebookとtwitterではより細かいイベント情報やオープンクローズ時間の変更をお知らせしています。スタンプスのプッシュ通知でのお知らせは万人の方へというよりも、会員の方へのお得な情報をお知らせしています。 ーなるほど。そうやって区別化して利用されているのですね。 高いコストパフォーマンスとエコ ーでは、スタンプスの印象は? 望月:やはりなんといっても皆様もっているスマートフォンでできるのでとても便利です。印刷コストもかからずゴミも出ないエコなところも魅力だと思います。 ーお客様の反応はいかがですか? 望月:継続して使っていただいているお客様ばかりなので良いと思います。常連のお客様はご自分から精算と一緒にスマホを提示してくださいます。 ーお客様も随分と慣れてきていらっしゃるんですね。 目に見える来客数の増加 ー導入後の好事例を教えてください。 望月:リピーターさんがすごく増えました。中には、ランチで貯めたポイントでディナーに来てくれる方々もいらっしゃって、増加が目に見えて実感出来ています。 スタンプス導入をご検討中の方にアドバイス ーでは、最後に導入を検討されている方へアドバイスはありませんか? 望月:紙カードよりもコスト削減になりますし、まずは試しに無料プランからでも始めてみることをオススメします!サポートもバッチリなので心配なしです。   TimeOutCafe&Dinner 所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-6 リキッドルーム2F 電話番号:03-5774-0440 店舗ウェブサイト
  • 中目黒ラウンジ スタンプス(stamps)導入事例画像
    カフェ・喫茶店
    アプリ導入支援で前年度の売上118%を達成
    中目黒駅から徒歩3分、ウッドデッキが目印のゆっくりくつろげるカフェ&バー、中目黒ラウンジの店長である高橋様(以下、敬称略「高橋」)にスタンプスについてお話をお聞きしました! スタンプスを導入したきっかけ ーでは早速ですが、昨年(2014年)に導入頂いた経緯をお教え下さい。 高橋:一年ほど前、ランチの常連さんが多く、そういった方々とのコミュニケーションツールとしてアプリケーションの導入を検討していた時、常連のお客様から別のお店で使ってみると、大変便利だったと聞いて使い勝手の手軽さや初期費用の安さから導入してみました。 ーなるほど、ありがとうございます。 サポートを利用し社内研修を実施 ーでは、約一年間お使いになってみて、大変だったことはありましたか? 高橋:はい。予期していた通りでしたが(アルバイトを含む)スタッフへ浸透させるのが大変でした。スタンプスはサポートが手厚いと聞いて早速連絡したところ、社内研修を実施してくれて、そのおかげで直ぐスタッフも慣れていきました。 ー運用にあたって工夫した事や、気をつけた事はありましたか? 高橋:正直私もスタッフも、業務量が増えてしまうのではと心配していましたが、結果気をつけることはまったくありませんでした。お客様へのプッシュ通知の自動送信設定や文章、クーポンの内容から新施策の提案まで、手厚くフォロー頂けたのが嬉しかったです。なので、お店では何も工夫していません(笑) (笑)はい、我々もアフターフォローには特に気を使っています。 スタンプスのPOP配置で会員化を促進 ーでは会員を増やす為の工夫はありましたか? 高橋:そうですね。目につく場所にポップを置き、チラシとお声掛けをしました。ポップは置くことで多くの方の目に止めていただけたので、予定以上の方に会員化して頂くことができ良かったです。 ーやはり自然と目に入るので広く浸透されるんですね。   雨の日の自動通知がお気に入り ー実際にスタンプスをお使いになってみて気に入っている機能はありますか? 高橋:雨の日に送られるプッシュ通知は一番利用しています。何もしなくてもその日の天気を把握してメッセージを送信してくれる機能。これには驚きました、お客様から「毎回大変だね」なんて気遣われてしまって(笑) ーはい、私たちのコンセプトは如何にオペレーションに負担をかけずに活用頂けるか。ここに力を入れていますので良かったです。 やりたいことが具現化される ーでは、他の類似サービスやSNSとの違いは何か感じましたか? 高橋:フォローの手厚さ、これにつきます。実は以前も類似サービスを使っていたのですがシステムだけ丸投げされてしまって困っていたんです。それに機能が想像した以上に充実していて、【やりたいこと】を全部具現化してくれるので、これにも驚きましたね。 手軽にポイントが貯まる、第一印象もバッチリ ーお客様の反応はいかがでしたか? 高橋:良かったです。いつも持っている携帯電話で手軽にポイントを貯められるという点がお客様にも好評です。お客様にとっては面倒なのではないか。と始めは懐疑的でしたが、どのタイミングでアプリをインストールしてもらって、どのタイミングでスタンプを付与するのかさえ抑えれば何ら問題ありませんでした。第一印象バッチリですぐに浸透していきましたね。 ーそれは我々もとても嬉しいです。ありがとうございます。   前年度の売上118%達成 ー今回のインタビューは検討頂いているお客様のご覧になりますので、是非導入後の好事例を教えて下さい。 高橋:はい。店全体の売り上げは前年度の18%上がりました。低迷しがちな1月、2月のランチは常連に加え新規のお客様のリピートを得られ、更にそこから(紹介クーポンの利用で)紹介が広がるスパイラルに。ランチもディナーも常に安定し続けることが出来ました。それとスタッフ側もどの方がリピーターなのか明確に把握出来るようになりましたね。 そして、クーポンを利用頂く際の僅かな時間でも会話が出来るようになったおかげで、なによりもお客様ととても仲良くなれたと感じています。中にはプライベートでも遊びにいく程仲良くなった方もいます。 ープライベートもですか!?それはすごい効果ですね! スタンプス導入をご検討中の方にアドバイス ーでは、最後に導入を検討されている方にアドバイスはありませんか? 高橋:私も他の類似サービスを申し込んで陥ったことなんですが、無料プランで初めても何をしたらいいのか分からないかもしれませんよね。なので私からのアドバイスは、是非導入前に自分が何をしたいのか活用方法を相談してほしいですね。相談ダイヤルがあるので、きっと良い改善案を提案してくれるはずですよ。   中目黒LOUNGE 所在地:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目6-18 電話番号:03-5724-3356 店舗ウェブサイト
  • ENERGEIA スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    プッシュ通知でのメッセージ開封率73%・再来店率61%
    求めるデザイン、なりたいイメージに近づくためには何より健やかな髪であることが大切です。ENERGEIAではお客様のなりたいイメージ、なりたいデザインをカット、パーマ、カラー、ヘアケアトータルで提案しています。そんな目黒にあるヘアサロン、エネルジアのオーナー高橋様(以下、敬称略「高橋」)にスタンプスについてお話をお聞きしました! ーお店に伺わせていただいて感じたのですが、とてもアットホームな雰囲気の店内ですね。 高橋:お客様に気楽にご来店していただけることを目標に、スタッフとお客様の距離を縮められるよう努めています。そのために「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」と挨拶してるんです。優しさは大前提として、初めて来たんじゃないような接客を心掛けてます。 ー素敵ですね。お店の外観も緑が多くて目につきました! 高橋:ありがとうございます。 スタンプスを導入したきっかけ ーでは、スタンプスについてお聞きします。初めに導入した経緯をお教えください。 高橋:紙のスタンプカードを使用していた際に、ご来店時に忘れてくる方が多いなと感じていました。Facebookで流す情報もなかなか見ていただけない。改善策を考えている時に担当しているお客様から去年の夏頃スタンプスの存在を聞き、導入いたしました。 ーありがとうございます。 改善を続けるサービス ー導入して大変だったことはありましたか? 高橋:スタンプスを開いてログインする際に、パスワードを忘れてログインできないというケースがすごく多かったのですが、今は大丈夫そうですね。 ー一度ログインすると再度入力せずに済むよう改善いたしました。 貯まりやすいポイント制度で満足度アップ! ー何か運用にあたって工夫したことや、気をつけたことはありますか? 高橋:今までは5000円で1ポイント貯まり、15ポイントで半額クーポンをお渡ししていました。それだと、お子様のカットなどの安いメニューではポイントが貯まりにくいんです。なので、1000円で1ポイント貯まり、75ポイントをゴールに変更しました。すると、すぐに貯まるから嬉しいという声をたくさんいただいていて、効果が出ていますね。 固定客獲得 ーでは、他に運用で気をつけていることはありますか。 高橋:固定客を作るためにはサロンの現場での営業努力を一番にすることを徹底しています。現場の力を発揮し内部を充実させることで自然とお客様が増えると考えています。その意識の中でメッセージの送信やクーポンをお客様に提案することで、尚良い結果が返ってくるものと考えています。 ーなるほど。お店の雰囲気にその営業努力が反映されていますね。 会員獲得の工夫 ーでは、スタンプスの会員を増やす工夫はありますか。 高橋:カウンターにチラシを置きました。紹介でいらっしゃる方や、常連のお客様にはフロントや施述中に案内をして、新規のお客様には二回目以降のご来店の際にご案内しています。 ーありがとうございます。 お客様の目に届くメッセージ機能がお気に入り ー実際にスタンプスをお使いになってみて気に入っている機能はありますか? 高橋:メッセージ機能ですね。以前、LINEを使用する案をいただいたことがあったのですがお断りしたんです。LINEのスタンプをもらうために企業と友達になってもブロックしている人が多いのが現実で、メッセージを送っても開いたまま読んではもらえないことがすごく多いと思うんです。 ー連絡ツールとしてメジャーに使用されすぎているLINEだからこそかもしれませんね。スタンプスはその点お客様の欲しい情報を直接お伝えできると思います。 今後の要望 ー何か新しく欲しい機能はありますか? 高橋:同業のサロン等では、どのようにスタンプスを使用しているのかが知りたいです。私たちもまだ完璧に使いこなせてはいないと思うので。 ーなるほど。導入店舗の実績や、発信メッセージの具体例などがあったらわかりやすいですね。 集客に繋がるお客様の反応 ーでは、ご利用いただいているお客様の反応はいかがでしたか? 高橋:登録の際に、個人情報が漏れるのが嫌だという方もいらっしゃいましたが、最低限の情報だけで登録できるので皆さん快く登録してくださいます。ポイントがたくさんたまって嬉しいという声や、Facebookで友達がアップしているのを見たという声もいただいてます。 ーそれは我々もとても嬉しいです。自然と集客にもつながっているんですね。 クーポン開封率7割、再来店率6割! ーでは、導入の好事例を教えてください。 高橋:10%OFFのクーポンを配信したところ、開封率73%、再来店率61%と非常に高い数字が出ました!メッセージをお客様に見ていただけていることを実感できます。 ー素晴らしい結果ですね。 スタンプス導入をご検討中の方にアドバイス ー導入を検討されている方にアドバイスはありませんか? 高橋:スタンプスは導入するお店次第で沢山の可能性がありますよ。   ENERGEIA 所在地:〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-18-6 SKグリーム1F 電話番号:03-6417-0471 店舗ウェブサイト
  • canaria / canaria POLKA スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    紙のスタンプカードからアプリのスタンプカードへ移行!美容室とまつげエクステ店で共通利用
    中目黒のアットホームな雰囲気で親しまれている、一見外からは目につきにくい小さな隠れ家のような美容室、canariaさんのオーナーの松岡様と店長の堤様(以下、敬称略)にスタンプスについてお話を聞かせていただきました! お店の雰囲気だけでなく、お二人もとても気さくでインタビューも大変スムーズに進みました! スタンプスを導入したきっかけ ーではまず初めにスタンプスを導入した経緯をお教えください。 松岡:もともと、スタンプカードやポイントカードを管理するアプリやサービスに興味があり、展示会などで各社のサービスを検討していたのですが、ややこしいものが多くピンとくるものがありませんでした。スタンプスの話を聞いてみたところ、スタンプスはシンプルでとてもわかりやすかったのでピンと来ましたね。紹介いただいたその日に導入を決めました。あと、デザインが良かったのも気に入りました。 ーありがとうございます。 美容室とまつげエクステの2店舗の共通カードとして ーカナリアさんは美容室だけでなくまつげエクステのお店もやられてらっしゃって、そちらでもお使いいただいてますよね? 松岡:そうですね、両方のお店に通ってくださるお客様もいらっしゃるので、共通のスタンプカードとして利用しています。スタンプスだと、複数店舗でも1枚のスタンプカードとして管理できるのがいいですね。 サポートデスクの助け ー導入して大変だったことはありましたか? 堤:はい、スマホに不慣れなお客様を導くのに少し時間がかかってしまうことがありました。ただ、サポートデスクがあることや、要望を伝えると機能改善など柔軟で親身な対応があったのでとても助かりました。 ー迅速な対応と更なる改善は心がけていますので、今後もわからない事や要望はぜひお教えください。 リピーター獲得のためのご案内 ー何か運営する上で工夫していることや気を付けていることはありますか? 堤:今はお客様に口頭でご案内しています。今後プッシュ通知をよりルーティン化していこうと思っています。また、当店はホットペッパーに掲載しているのですが、そこからご来店いただいた場合もスタンプスのご案内をするようにしています。そうやって繋がれるとプッシュ通知で案内を送ったりすることができるので、リピーターになってもらいやすいですね。後は基本的なことではありますが、ポイントの付け間違いは気をつけています。 ポップを作成して会員数増加 ーどのように会員を増やしましたか? 松岡:口頭で説明をする他に、オリジナルのポップを作って置いていました。 プッシュ機能をフル活用 ーお気に入りの機能はありますか? 松岡:自動で送ってくれるプッシュ通知機能を使ったお誕生日クーポンは、スタッフ側も手間がかからない上に、お客様にも大変喜ばれているので気に入っています。 それと、アプリケーションの画面が従来のスタンプカードのようなデザインで、最新の機能であるのにも関わらず、デジタル感を強く感じない親しみの持てるものですごく好きです。 ープッシュ通知は誕生日クーポン以外にもご活用いただいているようですね。 松岡:はい、予約の空きが出てしまった日などに、「本日限定5%OFF」のような特典を付けてプッシュ通知を送ったりしています。最初は驚いたのですが、送るとすぐに予約の電話が入ったりするので助かっています。もっと活用していきたい機能ですね。 意識しなくても手元にある安心感 ーお客様の反応はいかがでしたか? 堤:これまでの紙のスタンプカードは、財布の中でジャマになるからとおっしゃられていたのですが、スタンプスならと作ってくださる方も大変多く、意識しなくても手元にある安心感からとても喜ばれていますね。あとはスマートフォンでポイントが貯められる新しさに喜ばれるお客様もいらっしゃいました。 ー常に携帯しているスマートフォンひとつで済むところはやはり魅力的ですよね。 明確に把握できる情報 ーでは、導入後の好事例を教えて下さい。 松岡:スタンプスは、一見シンプルな印象なのですが、管理画面の分析機能などが充実しているので、顧客管理がしやすくなったことや、リピート率がわかるようになり、紙のスタンプカードを利用していたときと違って、明確に様々なことを把握できるようになりました。あと、基本的ですが、紙のスタンプカードを配らなくなってよくなったのも助かってますね。 ーありがとうございます!まさにスタンプスで実現したかったことです!! スタンプス導入をご検討中の方にアドバイス ーでは、最後に導入を検討されている方にアドバイスをお願いします。 松岡:「まずは試してみればいいのでは?」とは思いますね。「うちのお店には合わない、必要ない」となるのはもったいないと思います。 お客様の囲い込みにスタンプカードやポイントカードってのは重要なツールだと思っています。 今はおかげ様でお店の売上も順調ですが、5年先、10年先というのを見据えてこういったツールをつかってお店の状況を把握することが大事だと思いますし、そのためにはいま好調なお店も導入を検討されるといいと思います。 新しいIT系のツールの導入に抵抗がある気持ちもわかります。自分もそういう部分から逃げていた時もあります。しかし、今は新しいことや面倒だと思う事をしっかり確実に実行していく事が長く経営し続けることに必要不可欠であると考えてます。 hair salon canaria/ eyelash salon canaria POLKA 所在地:〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-21-9グリーンヒル三光102/202 canaria(美容室)電話番号:03-3770-8250 POLKA(まつげエクステ)電話番号:03-6802-5908 店舗ウェブサイト
  • AUQWA スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    磁気カードからアプリのカードへの移行で会員の55%以上が5回以上来店!お客様の常連化を実現
    自由が丘で、髪、肌、地球に優しいをコンセプトにオーガニックな施術と心地よい時間を提供するサロンAUQWAのオーナー東方様(以下敬称略、「東方」)にスタンプスについてお話をお聞きしました! スタンプスを導入したきっかけ ーそれでは早速、スタンプスを導入された経緯を教えてください。 東方:オープン当初から、磁気カードを使ってお客様のポイントを管理していたのですが、結構なコストと手間がかかってしまっていました。1枚大体200円くらいかかっていたんですがなくされるお客様も多く都度再発行したりで管理も大変でした。そんな時にスタンプスをヘアサロン仲間から紹介してもらって、「これだ!」と思い導入しました。 施述中のご案内で会員獲得 -導入後、大変だったことはありましたか? 東方:最初のスタッフへの落とし込みですね。スタッフ同士でシミュレーションをして試行錯誤しました。やり方を変えたりして今ではとてもスムーズに行えています。 ーぜひその工夫を教えてください!例えば、新規のお客様にご案内する時はどのような流れですか? 東方:まずお会計時にはご案内していません。そこでご案内してアプリのダウンロードから始めてしまうと時間がかかってしまうので、施術中に口頭でご案内しています。何か質問がある時はお答えしながら。お客様とコミュニケーションとりながら進めていけるので、それがうちでは一番自然な流れかと思います。また、もしインストールまで進まれなかった場合は説明のチラシをお渡しして、次回来店時までにやっていただいて、合算してポイントつけさせていただくようにもしています。 ーなるほど。お店それぞれに合ったご案内がありますよね。 5回以上ご来店のお客様55%以上 ー自然な流れを作るために気をつけていることなどありますか? 東方:うちでは、スタンプスは一度目の来店からはあえてご案内せずに、最初は紙のクーポン(2回分)を提供し、その後来店3回目のタイミングで、スタンプスを案内してポイントをつけさせていただいています。スタンプスの発行で、よりこのお店のメンバーであるという認識をお客様に持っていただけると、考えています。 ーなるほど。お客様のお店のメンバーであるというのが5回以上来店されている方が55%以上というすばらしい結果に繋がったのですね。   プッシュ通知開封率50%以上 ープッシュ通知は利用されていますか? 東方:はい、プッシュ通知はおもにスケジュールのご案内に活用しています。今の時代、メールだとなかなか見られないですが、スタンプスのプッシュ通知だとダイレクトに画面に表示されるので、気づかれやすいというのはいいですね。開封率をみても平均50%以上は超えているので。お客様への連絡手段としても有効だと思います。 今後の活用法 ー今後のご活用イメージはいかがですか? 東方:プッシュ通知の自動送信をもっとしっかり使っていこうと思っています。スタンプスだと利用状況に応じたプッシュ通知が送れるので、例えば来店されてから30日後とかに自動送信するなどやっていきたいですね。あとは、うちはホームページ施策をしっかりやっているので、毎月1スタンプ限定でとれるQRコードをホームページに掲載して誘導したりしたいと思っています。 ーサービス運営側として色々と勉強させて頂きました!お忙しいところありがとうございました! 東方:こちらこそありがとうございます!     AUQWA 所在地:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-2-3 KTビル2F 電話番号:03-3701-1117 店舗ウェブサイト
  • Pele スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    利用者の半数近くが40代のお客様!アプリで再来店率7割を超える
    カウンセリングに力を入れることでお客様のなりたいイメージをより理解してくれて、お客様と担当者がお互い納得するまで時間を取ってくれる、自由が丘にあるこんな素敵なヘアサロン、Peleのオーナー中村様(以下、敬称略「中村」)にスタンプスについてお話をお聞きしました!Peleさんでは、スタンプスのサービス開始当初(2013年末頃)からご利用いただき、最近では、デラックスプランにアップグレードして頂いています。 スタンプス導入当初のスタッフの反応 -導入当初、従来の紙のスタンプカードからの変更にスタッフの方々の反応はいかがでしたか? 中村:スタッフの反応は「新しい!」という感じでした。今はどうか分からないですが、少なくとも当時は1つのアプリで何店舗ものポイントを管理できるものはなかったと思いますし・・すごく新鮮だったのと、紙を使わず地球に優しいという点もスタッフ一同とても気に入りました! ーありがとうございます。 ーでは、実際に運用されてどのように感じられていますか? 中村:スタンプス導入前、利用していた紙のスタンプカードでは、やはり印刷コストがそれなりにかかっていました。あと、カードをお忘れになられてしまうお客様も多くて、中には、忘れるからとお店で預かってと頼まれるお客様もいらっしゃったりして(苦笑)皆様いつも携帯されているスマートフォンならば、その心配もなくていいですね! 30〜40代のお客様からも支持 ー管理画面を拝見すると、Peleさんでは、スタンプスご利用のお客様の半数近くが40代のお客様のようですが、お客様の反応はいかがですか? 中村:そうですね〜、店の客層がスマホ世代の10〜20代より30〜40代の方々が多いので運用にあたってそこを心配していましたが、スタンプスは登録が他のアプリと比べてもFacebookアカウントを利用できたり、入力項目も少なかったりとシンプルで簡単なので、皆さまご自分で登録されて特に操作方法の説明もいらず余計な心配でした。 会員リピート率70%以上 ーアプリを利用されいるお客様のリピート率も70%を超えていて、とても高いのですが、どのように会員を増やされていますか? 中村:受付された後など、待ち時間などに口頭でご案内しています。サービス対応中、なかなかご案内の時間がとれない場合は、お会計時にスタートアップキットでもらった会員登録用のチラシをお渡しして店外で会員登録してもらっていますね。レジとか特定の場所だけじゃないと会員登録できないと大変だったけどチラシでどの場所にいても登録できるのは助かります。 プッシュ通知開封率50%超えの秘訣 ースタンプスの中でお気に入りの機能はありますか? 中村:紹介クーポンもかなり個人的には気に入っているのですが、一番と言われると、プッシュ通知で送っているお誕生日クーポンですかね。お誕生日を15日後に迎えられる方に毎日送信されていますが戻りが14.8%とかなり多くのお客様が利用して下さっています。 ーお誕生日クーポンの閲覧率も半数を超えておりとても良い効果が上がっているようです!その他に送られているプッシュ通知も軒並み開封率が50%を超えていますが、どのような内容を送られているんですか? 中村:営業日のご連絡や、クリスマスの時のご挨拶など、不定期にお知らせやクーポンを配信しています。それによって直近でご来店がなかったお客様のご来店にも繋がっています。ホームページやブログなど運営しているのですが、どうしても見てもらうのがとてもハードル高くて、受け身にならざるを得ないので、プッシュでお知らせが送れるのは本当に便利です! ーサービス開始当初からご利用いただいて、効果を実感して使い続けて頂けているのが本当にサービス提供者冥利につきます!会員獲得のご案内や効果的なプッシュ通知の方法など、リピート率の向上につながる施策など、またアドバイスを頂きながらサービスの改善に努めさせていただければと思います! 中村:こちらこそ!ありがとうございました!   Pele 所在地:〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-31-15 電話番号:03-5707-8181 店舗ウェブサイト
  • NoV スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    来店ポイントではない、金額ポイント付与&ランクアップでお客が常連化!
    自由が丘にあるヘアサロンNoV の森川様(以下、敬称略「森川」)にスタンプスについてお話をお聞きしました。 NoVは、オーラソーマカラーセラピーを使った独自のカウンセリングを行っています。110本のカラーボトルからお客様のお気に入りを選んでいただくことで深層心理がわかり、お客様の“なんとなくこんな感じ”を言葉・形にすることが可能になります。 内側に持っているものを引き出してから、そこからの綺麗やかっこいいを作り出す、インナービューティーがコンセプトのNoVだからこそのサービスが人気のヘアサロンです。   導入のきっかけ -サービス開始当初から1年以上ご利用頂いておりますが、スタンプスを導入されたきっかけを教えていただけますでしょうか? 森川:もともとアプリを使ったスタンプカードに興味があったんです。それこそ自分で顧客管理機能のあるものを作ってみたくてWebシステムの会社に相談したこともあるんですが、なかなか片手間で使えるレベルではないなと(笑) お客様と店舗をつなぐものが欲しいと思っていた時にスタンプスを知人から紹介していただいて、「これだっ!」と思い、導入しました。 独自アプリではない、共通アプリだからこそのメリット —そうだったんですね。サービスの中には、お店の独自アプリをお手軽に作れるものもあるのですが、ユーザー様にとってのメリットを考えるとそれぞれの店舗每に独自のアプリをインストールしないといけないというのはややお手間になってしまいます。また、サービスによっては、運営後のサポートがしっかりしていなくて、新しい機種が出たときに使えなくなって困られているケースも時にお聞きします。 森川:そうですね、スタンプスの場合は飲食店など他の業者やお店でも使えるというのはお客様へのご案内時におすすめしやすいです。また、対応機種も利用開始当初は、時々使えない機種があったりしたのですが、今は改善されて、新機種でもしっかり対応されていますね。   —ありがとうございます。では、導入にあたって苦労されたことはありますか。 森川:店内への周知はスタッフの理解も早く特に苦労はなかったのですが、やはり、お客様のスマートフォンアプリへの慣れにバラつきがあった点ですね。お客様の中にはすぐに理解してくださる方もいれば、「分からないからやって」とスマートフォンをスタッフにお渡しされる方もいたりと、反応が様々でした。 ランクアップ機能で常連のお客様を優遇 —NoVさんの場合、以前紙のカードで運用されていたかと思いますが、スタンプスに切り替える時の手間もあったと思いますがいかがでしたか? 森川:以前の紙のカードでは、常連のお客様にはゴールドのカードをお渡しするなどランクでの違いを作っていたのですが、その辺りもスタンプスではランクアップの機能があったのでそのまま運用できました。移行用のQRコードを店舗端末で表示できたので紙のカードからの移行も思ったより簡単でした。   —では、ご案内はいかがでしたか? 森川:初めはお客さまへのご案内のタイミングも分からなかったのですが、一週間経てば慣れました。当店では、入り口にiPadを設置しているので、ご来店時にご案内するようにしています。いまはお客様に時間を取らせないためにも、施述中にご案内するようにしています。 ビューティーコーディネーターがご案内 —ご案内の最適なタイミングは業種・店舗によって異なりますね。運用にあたって工夫や気をつけていることはありますか? 森川:当店ではビューティーコーディネーターがスタンプスのご案内もしています。スタイリストが全部やってしまうと本来の業務以外の業務が増えてしまいます。そこでビューティーコーディネーターがご案内からユーザー登録までご支援をしています。   —ビューティーコーディネーターですか、もともと設置されたきっかけについてお聞かせいただけますでしょうか? 森川:以前、私がヘアサロンで同じ役割をもった方がいたのがきっかけです。例えば、ホテル業などでも高級になるほど役割は細分化され、それぞれの役割においてプロが存在している。私どもも受付含むお客様対応を専門とするビューティーコーディネーターを置くことでお客様への付加価値を高めるよう努めています。   —お客様の反応はいかがですか。 森川:お客様からは、「カードを持たなくて良いのがラク!」という声が多いです。お客様のカード忘れがなくなるというのは、お店にとってもポイント後付の管理や、カードの印刷代など考慮した際にとてもありがたいですね   —プッシュ通知も不定期に送っていますが、反応はどうですか? 森川:メルマガよりは圧倒的に反応がいいと感じています。 —お客さまに見ていただけているようで良かったです。   —再来店数78%と素晴らしい結果が出ていますね。そのうち、8割が30代~40代の女性のようです。顧客情報や来店状況をご覧いただいて印象はいかがですか。 森川:満足しています。インナービューティーに力を入れていますが、プッシュ通知で後日フォローを行うことで、特に女性のお客様にはお帰りになった後も身近に感じていただくことができているのではと考えています。 —お客様とのコミュニケーションツールとしてもご活用いただいて光栄です。 ご利用金額に応じたスタンプ付与でお客様満足度向上につなげる ー一方でスタンプスの機能についてお気に入りのものはございますか? 森川:ご利用金額に応じて付与するスタンプ数を変えられるのが便利です。特にヘアサロンの場合は、お客様によって施術内容に異なり、カットだけの方と、パーマやカラーをされる方で料金に大きな差が出てきます。その辺り、スタンプスは店舗端末アプリで金額を入力すると(金額に応じたスタンプ数がつく)QRコードが表示されるので助かっています。   —気になってるものはございますか? 森川:そうですね、いつもお会計時にご利用料金に応じたスタンプを付与しているため、「そういえばたくさんスタンプ貯まってた」みたいなことが時々あります。施述前にそれが分かれば、スタンプを利用して商品を購入したり、サービスをおすすめしたりできるのでよりお客様の満足度も高くなると思います。 —おっしゃるとおり、ご来店時にお客様のスタンプ数などが分かればご提案などしやすくなったり便利ですね。貴重なお声ありがとうございます。   —今後のスタンプスへの期待などもしありましたら教えて下さい! 森川:スタンプス導入店舗同士でフォーラムの開催などがあったらいいなと思います。情報共有もできます、異業種間でスタンプスを通じた送客も可能になると思っています。また、お客様がアプリをインストールされるメリットも強まるかと。自分のお店のお客様に他のお店をオススメして、他のお店のお客様にもご来店していただく形ができればとても良いのではないでしょうか。   —仰るとおりかと思います。フォーラムの開催含め、もろもろ検討させていただきます!長時間にわたるインタビューありがとうございました! NoV自由が丘店 所在地:東京都世田谷区奥沢6-33-14第2シーランドビル2F TEL:03-5758-1233 FAX:03-5758-1240 店舗ウェブサイト
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    理容室4店舗横断でスタンプカードとして利用!他店と差別化を図る
    自由が丘にあるヘアサロンKEENの倉田和俊様(以下、敬称略「倉田」)にスタンプスについてお話しをお聞きしました。 KEENは、自由が丘・溝の口・関内・青葉台にある男性におすすめの理容室です。男性をカッコよくしようというコンセプトを基に、新感覚理容室というキャッチフレーズを大切にしています。他と差別化を図ることでKEENにしかできない高品質なサービスが人気のサロンです。   導入のきっかけ —スタンプスを4店舗ご利用いただいて丸1年以上になりますが、まずはスタンプスを導入されたきっかけを教えていただけますか? 倉田:知人から紹介されたのがきっかけでその時は即答しませんでしたが、連想すればする程に今までの理容室にはないサービスを提供できる!!と確信し導入しました。 —そうですね!お電話でご依頼をいただきました。 倉田:やっぱり、どの業界も成功する人は「人と違うことをやろう」と考えていると思うんです。これはいままでにないサービスだな、という印象をスタンプスから感じたので、周りと差別化できるだろうと思い導入することを決めました。その考え方こそスタンプス導入のきっかけであったとも言えると思います。   新感覚の理容室を演出 —嬉しいお言葉です。ありがとうございます。では今お言葉にありました他店との差別化の例を具体的に伺えますか? 倉田:まず、分け隔てなくスタッフにアイディアを出させています。外の通りに面した柱に「髪の毛のびてませんか?」と書かれた鏡がついていて、これは去年の新人研修時に新入社員が考えました。スタンプスでも同じようにアイディアを出させた所、最初は皆単にスタンプカードとしか思ってなかったようですが、実はスタイリスト個別のメッセージ配信ができたり、あらゆるクーポンを設定することが出来る等、我々の目指す新感覚の理容室を演出するツールだと分かり皆驚いていましたね。   デラックスプランの顧客管理機能で一人一人のお客様に最高のおもてなしを —ありがとうございます。KEEN様にはデラックスプランでご利用頂いていますが、独特の運用方法はございませんか? 倉田:そうですね。一人一人のお客様との間で生まれた会話を、顧客管理画面に入力しています。そうすることで、お客様の趣向や前回の会話等、来店前に全て分かります。半年以上前にご利用頂いたお客様にも、前回お話した内容をこちらから切り出すことができ、「良く覚えてるね」なんてお言葉も良く聞きますし、そのおかげでより親近感が湧き、リラックスしてくつろいで頂くことができていますね。 KEEN スタイリスト 千香拓史様   プッシュ通知の活用で印象の残る店舗へ —素晴らしい取り組みですね。では、現場スタッフを代表してマネージャーの千香様にも加わって頂きお話をお伺いしてみますが、他に集客をするうえで気をつけている点などありますか? 倉田:お客様がリピートしてくれない一番の原因は、サービスが悪いということよりも「忘れる」ことが一番だと確信しています。なので、私たちの店では挨拶の方法を変えました。私自身マイナスな言葉が嫌いなので、施術後の「お疲れ様です」という声かけが嫌だったんです。大抵の人がそんなに疲れていないだろうし。そこで、終わったら「ありがとうございます」という挨拶に変えて、お帰りの際は「いってらっしゃいませ」というようになりました。   千香:はい。その言葉に変えてからお客様の顔の表情までガラッと変わりましたね。そして私たちのお店が印象に残った所に、プッシュ通知でお客様へ感謝の言葉を送るわけです。店舗で満足頂きお帰りになった後も、メールによるフォローする。これが印象に残る店舗の仕組み作りに一役買いましたね。 —やっぱり、会話の流れって大切ですからね。では、KEENさんではどのような流れで初めてご来店されたお客様にスタンプスのご案内をしていますか? 千香:施術中に手引きしながらご案内しています。実際やってみると凄く簡単なのですが、男性のお客様がほとんどなので、面倒だから今はいいやという声もあります。そのような時は、「お手数なので私が登録しますよ」と一言前置きをしてご案内します。登録は直ぐ終わるので、施術が止まることもないですしね。   4店舗の合計会員は2,000名を超え、再来店率も70%以上を誇る —丁寧な対応ですね。その結果が会員2,000名超え、そして高いリピート率に繋がっているのですね!!では、この輝かしい実績を残す上で、運用にあたって気をつけていることや工夫はありますか? 倉田:輝かしいは言い過ぎです(笑)そうですね、以前私自身がCDショップの会員になった時に、一日10通くらいメールが来て鬱陶しくなってしまいやめた経験があるのですが、スタンプスのプッシュ通知には絞り込み機能があるので、その心配がありません。勿論お帰りになってから直ぐ送信することもできますし、お客様に心地よく私たちのメッセージを読んで頂けるよう気を配っていますね。 —お客様の視点からみるのも大切ですよね。他にはありますか? 倉田:あとは、お客様に対して付加価値のあるクーポンを配信しようと心がけています。何事もマイナスではなくプラスをする観点で。割引はせず追加でサービスを提供しています。 —素晴らしい考え方ですね。普段利用しないサービスでもクーポンがあったら試したくなりますし、クーポンがなくてもまたやろうと思っていただけるかもしれませんしね。他にお気に入りの機能はありますか? 倉田:プッシュ通知の自動送信機能です。自然と気付かせるというサービスがスタンプスの中では役割が大きいと思います。プッシュ通知を送ったことによって再来店してくださっている実感がありますね。 —プッシュ通知はメルマガなどよりも開封率が格段にいいので、効果も絶大です。 倉田:プッシュ通知が送られてきた時に開いたページで電話番号が見れるので、すぐに予約の電話ができるのもいいですよね。 —予約からお客様がお帰りになった後のフォローまで、スタンプスを活用頂きありがとうございます。是非これからも末永く宜しくお願い致します。 KEEN creative hair 所在地:東京都世田谷区奥沢6-31-19 TEL:03-5758-7789 店舗ウェブサイト
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    和食
    アプリのプッシュ通知で売り上げ増加、常連客獲得!
    高田馬場にある広島お好み焼き倉はしの石川大輔様(以下、敬称略「石川」)にスタンプスについてお話しをお聞きしました。 倉はしは、もっとたくさんの人に味わって広島を感じてほしいとの想いから、食材から特産品までとことんこだわり、絶品の広島お好み焼きを提供しています。   導入のきっかけ —スタンプスをご利用いただいて一年半になりますが、まずはスタンプスを導入されたきっかけを教えていただけますか?                石川:お店をオープンする前から、集客について面白い仕掛けが欲しいなと色々なサービスを検討している時に知人から紹介されたのがきっかけでした。 —他のサービスもご検討されている中でスタンプスを選んでくださった理由を教えていただけますか? 石川:ポイントカードをアプリにしたという理由がとても明確で分かりやすかったからですね。紙のスタンプカードは失くしてしまう、忘れてしまう、お財布も膨らむ。たしかにスタンプスを使えば全てが解決すると思いました。スタンプスを導入する前に検討していたサービスは、いわゆるガラケーが対象で、スマホユーザーはご利用いただけなかったです。そこに不便さを感じていました。スタンプスだと問題なくご利用いただけたのが大きかったです。 —ありがとうございます。満足いただけているようでよかったです。   メニュー表に会員促進のご案内を掲載 —お客様にスタンプスをどのようにご案内されていますか? 石川:スタンプスの案内をドリンクメニューの横に貼ることで、お客様の目につくように工夫しました。席についてすぐに目に入るので、広島焼きが作り終わるのを待っている間に登録しておいてくださるお客様も多いです。 大切なのは感じてもらうこと —他にも何か工夫されていることはありますか? 石川:一言ご案内するようにしています。倉はしのコンセプトは「味わうと同時に感じてほしい」。接客は人と人のコミュニケーションが重要だと考えています。一方的な接客をするのではなく、説明をして、喜んでもらうまでが大切だと思いながらご案内しています。   常連増加とコミュニケーションの活性化 —素晴らしいですね。直近の一ヶ月で5回以上来店されている方も最も多く、実に51%以上の方が3回以上ご来店されています。何かご利用されていて実感はありますか? 石川:常連の方が増えたという実感はあります。常連のお客様の中には、スタンプが貯まっていくことが嬉しくて、スタンプスの機能を周りに自慢されている方が多いみたいで(笑)。口コミで、常連の方のお知り合いがご来店されるケースもあります。 —そうなんですね!スタンプの枠にスタンプが埋まっていく時の喜びはやっぱりいいですよね! 石川:なかにはスタンプが貯まっていくことが嬉しくてクーポンを使わずに貯めているお客様もいらっしゃいます。お会計をする際に「もうそんなに貯まったの?また来てくださいね」と自然と会話が増えた気がします。 —それはいいですね!アットホームなお好み屋さんならではですね! -では、導入されて大変だったことはありますか? 石川:やはりスタッフへの情報共有ですね。開店当初はオペレーションが定まっていなかったので、スタッフ自身もどのタイミングでご案内すればいいのかがわからずにいました。ご案内のタイミングなんかは、やはり慣れも必要だと思います。   毎月10日にイベントの自動プッシュ通知で売上増 -よかったです。では、スタンプスの中で気に入っている機能はありますか? 石川:自動で送れるプッシュ通知の機能ですね。毎月10日に『ジュ~♪の日』というお好み半額イベントを開催していて、プッシュ通知で自動送信しているのですが、平日なのに休日並みの売り上げになります!働いてるスタッフは忙しくて大変ですが、喜ばしい限りです。 —売り上げに貢献できているようで何よりです。現在の課題などありますか?: 石川:鉄板で焼くというイメージから、気温が暑くなってくると少し売り上げが下がる傾向にあるんです。暑い中で汗をかきながらお好みが食べたい!と思う方は東京には少ないようで・・・ —実は今度、気温に応じて自動でプッシュ通知できる機能を実装します!例えば30度を超えた日に「生ビール一杯サービスクーポン」を配信することも可能なります 石川:それはすごい!是非とも使ってみたいですね!   たまったスタンプを見る喜び —最後にスタンプスをご利用いただいている中で、一番効果を感じられる瞬間はありますか? 石川:やっぱり、お客様のアプリ上でたまったスタンプを見て「こんなに来てくださっているんだな」と実感できることですね。お客様がスタンプを貯めて笑顔になってくださることも何より嬉しいです。お客さんが喜んでくれて、常連になってくれてお店が潤う。だからこそより美味しい食材が買えて、最高のお好みを提供できる。好循環のサイクルが回っている気がしています。 —嬉しいお言葉です。サービス提供者冥利に尽きます。   導入を検討されているお店へのアドバイス —最後に導入をご検討されている方にアドバイスはありませんか? 石川:インターネットが普及して、いろんなメディアが氾濫している中で、どうしても新しいお客様に来てもらうことに注力しがちです。業態にもよりますが、結局のところお店の運営はどれだけ常連の方をつくれるかだと思っています。スタンプスはプッシュ通知などその多機能面が注目されがちですが、うちではやはり案内時のコミュニケーションや、たまった時のお客様の笑顔をつくるきっかけになっていると思っています。まさにコンセプトである「お店とお客さんをつなぐツール」というのが実現されているのではないでしょうか。ご検討されている方は一度お試しになられてみては!と思います。 -お忙しいところ長時間にわたるインタビュー、ありがとうございました!   倉はし 所在地:東京都新宿区高田馬場1−26−5 FIビルB1(ドンキホーテ高田馬場駅前店地下) TEL:03−3208−3600
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    アプリで驚異のリピーター率86%!プッシュ通知の開封率の高さも実感
    身だしなみを整えて、より一層素敵な男性になっていただくことを目標に作られた男性専門の美容室GENTLE。男性による、男性のための美容室だからこそ実現可能なサービスが魅力のGENTLEのオーナー額田様(以下、敬称略「額田」)にスタンプスについてお話をお聞きしました!   導入のきっかけ —いつもスタンプスのご利用ありがとうございます。はじめに、導入した経緯をお教えください 額田:私がこの店を開く前に勤めていたKEEN(https://stamp.sc/case/keen)がスタンプスを利用していたことがきっかけです。前の店がスタンプス導入してからすぐに移動をしてしまったので、あまり効果を知らなかったんです。しかしお店を出してから、スタンプスの効果を聞いたところ、「集客力がある」とのことでしたので、導入することを決めました。 —ありがとうございます。   手厚いサポートに助けられる —導入して大変だったことはありましたか? 額田:初期登録のご案内です。待合のソファー席前に大きなポップを置いているのですが、その場で自ら登録をしてくださるお客様は少なかったです。そこでスタンプスさんにお願いして手渡しできる小さなポップを製作していただきました!そのポップを施述中やお会計前に渡して、自然とご案内できるようになったので今では解決しています。 —A6サイズの小さなポップでしたら、お持ち帰りもいただけるのでご自宅での登録も可能ですもんね。お役に立てて幸いです。   —スタッフの方への情報共有は大変でしたか? 額田:スタッフ向けのマニュアルをいただいたので、情報共有に困ることはありませんでした。手厚くサポートしていただけてとても満足しています。 —よかったです。お困りの際は、いつでもスタンプスサポートデスクまでご連絡ください。   スタンプの貯まりやすさにお客様の満足度もアップ! —スタンプスをはじめて、お客様の反応はいかがですか? 額田:お客様の年齢層は20代・30代の方がほとんどなので、初回の登録に抵抗を覚える方もあまりいらっしゃいません。女性と同じで男性も、カードってお財布の中で見つからなくなってしまったり、どんどん増えていって肝心な時に忘れてきてしまうことが多いと思うんです。   スタンプスはその悩みを解消してくれるので、お客様皆さん喜んでいただいている姿をよく見ます。 新しいことをしているお店なんだという印象も持っていただいているようです。 —そのような声をたくさんいただいています。スタンプスだと一度登録すれば毎回忘れることなくポイントがたまるので、お客様にも満足していただけると思います。   —スタンプスを導入される前から、既存の紙のカードを使用されていたお客様の反応はいかがですか? 額田:紙のカードを使用している時は、来店ごとに1スタンプを押していました。スタンプスに変えてからは、金額ごとにスタンプがつくようになったので、今までよりも一層スタンプがたまりやすくなって、スタンプがどんどん増えて行くことを楽しんでくださるお客様の姿をよく見ます! —お客様の満足度を上げることが一番の目的ですので、喜んでいただけているようで我々もとても嬉しいです。   プッシュ通知開封率50%越えを実感! —実際にスタンプスをお使いになってみて気に入っている機能はありますか? 額田:プッシュ通知の機能ですね。以前はLINE@を利用していたのですが、スタンプスに変えてからメッセージの開封率が格段上がりました。 —スタンプスは、プッシュ通知を送る相手を年齢層などによって絞り込む機能があることと、時期を設定して自動送信する機能があることが他のサービスとの違いだと思います。なので、プッシュ通知の開封率も上がります。   —実際にプッシュ通知でお送りしているメッセージはどのようなものがありますか? 額田:来店後に「40日以内に再来店促進」のメッセージを送信しているのですが、そのメッセージの効果をとても感じることができます。   —GENTLE様がお客様ご来店後にお送りしている「40日以内に再来店促進プッシュ通知」は開封率が50%を常に超えています! 額田:実際に、プッシュ通知で送ったクーポンを来店時にご利用されるお客様がほとんどなので、お客様の目にメッセージが届いている実感があります。   1年に8回の来店数を10回に —男性のお客様の美容室来店頻度は一ヶ月半くらいですか? 額田:そうですね。1ヶ月半〜2ヶ月弱です。40日以内にお越しいただくことで、1年間の来店を「8回だったのが10回に」なることを目標にしています。 —たしかに、小さな積み重ねでも、年間で見ると大きな差が出ますね。   額田:このプッシュ通知のおかげで常連のお客様がとても増えました。 —それは何よりです!   アンケートの実施でより高い満足度を目指す —GENTLE様にはスタンダードプランをご利用いただいているので、スタンプスに登録していただいているお客様にアンケートを取ることができます。具体的に、アンケートを通してお客様に聞きたい意見はありますか? 額田:うちの店は男性専用サロンなので、男性のお客様は美容室にどのようなサービスを求めいるのかを聞きたいです。 ヘッドスパやトリートメントなどに加えて、何があったら体験したいのかを知って今後の参考にしたいです。 —サービスの改善に少しでも力になれれば幸いです。今後ぜひアンケート調査行いましょう!   驚異のリピーター率86%! —スタンプスをご利用いただく上で、今後の課題はありますか? 額田:紹介クーポンをもっとうまく利用していきたいですね。 紹介でいらっしゃった方がリピーターになってくださる傾向があるので、ぜひもっと多くのお客様にGENTLEのサービスを受けていただきたいです。   —GENTLE様はリピーター率86%という驚異の数字が出ています。紹介クーポンを活用して限りなく100に近い数字を目指したいですね! 額田:86%!!想像以上です。お客様にもスタンプスが定着している実感があるので、今後もうまく活用していたいです。 —我々もサポートさせていただきます!   導入を検討されているお店へのアドバイス —では最後に、スタンプス導入をご検討されている方にアドバイスはありますか? 額田:スタンプスは視覚でも楽しめるサービスです。クーポンにも画像が見やすくついているので、特にビジュアルを売っているサロンにはお客様にアピールするためにとても適したサービスです。ご検討されている方はぜひご利用されてみてはと思います!! —お忙しい中お時間割いていただきありがとうございました!今後もよろしくお願いいたします。   GENTLE 所在地:東京都江戸川区篠崎町2-18-18 TEL:03-6638-8484 HP:http://www.barber-gentle.com/index.php
  • スポンティーニ スタンプス(stamps)導入事例画像
    洋食
    店舗オープン前のクーポン拡散でアプリ会員数3200名突破!
    「並ばないイタリア人が並ぶ店」として話題を呼んだイタリア・ミラノで61年の歴史を持つ老舗ピッツェリア スポンティーニの広報課リーダー三上様(以下、敬称略「三上」)にスタンプスについてお話をお聞きしました! ミラノピザのお店スポンティーニのコンセプト —お店のコンセプトを教えて頂けますでしょうか? 三上:今、日本に展開しているピザは耳があって生地が薄いナポリピザです。今回スポンティーニが始めたのはミラノピザ。生地が分厚く、且つピース売りをするのが当店の特徴です。ピザの本場にはいろんな種類のピザがあるというのをまずは認識していただくことを、スポンティーニ日本1号店のコンセプトにしています。 —なるほど。ピース売りのピザをテイクアウトでも楽しめるという新しい試みをぜひ多くの方々に認知していただきたいですね。 —原宿という様々なジャンルのお店の激戦区に一号店をオープンした狙いを教えていただけますか? 三上:日本一号店ということで、まずは日本でスポンティーニをブランディングすることが目標です。そのためには発信力のある人が必要と考えました。   ここ原宿は、トレンドの発信地であり、スポンティーニのターゲットである20代30代の女性がとても多い街です。女性は周りに情報を広めてくださいます。 だからこそ、ターゲットを女性にしてここに1店舗目をオープンしました。 —周りとの差をつけるためには、拡散力ってとても重要になりますよね。   スタンプス導入のきっかけは? 三上:ずっと、来店前の見込み客、来店後のリピート客をストックしていく仕組みがないかと探していました。そんなタイミングでスタンプスのことを知り、これなら見込み客・リピート客を蓄積していくことができる!と思い導入に踏み切りました。 —まさにスタンプスは効果が見える施策として好評頂いています。 三上:QRコード等で簡単に登録できますから、JR原宿駅構内での掲示ポスターを始め、様々なメディアにスタンプスの案内を含められたことはポイントでした。 —ありがとうございます。 オープン前の会員数が1ヵ月3200名突破 —今回もスタンプスのFacebook・Twitter共有とキュレーションサイトによる拡散がきっかけでオープン前に会員数が右肩上がりに増え続けましたが、その効果は実感しましたか? 三上:キュレーションサイトでスポンティーニを取り上げた記事が拡散されたのが火付け役でした。 そこからお客様がFacebookやTwitterに共有いただき、それを見た別のお客様がまたスタンプスをダウンロードする。これを繰り返した結果、お店のオープンまでの一ヶ月で会員が3200人を超えることができました。 効果が大きすぎて目を疑いましたね!初回登録クーポン利用率も非常に高かったので、いいスタートを切る一番のきっかけになったと実感しています。 —オープン前に登録されたお客さまに送信したプッシュ通知は開封率78%、クーポン利用率45%という驚異の数字を叩き出しています!   三上:スタンプスの導入をきっかけに最初の集客が勢いづきました! —反響が大きくて我々も非常に嬉しいです。 —スタンプス導入後、大変だったことはありますか? 三上:一番の課題はオープン前にどれだけの会員を集められるかでした。店舗での呼びかけができない分、先ほどお話ししたようにネットの力が非常におおきかったですね。店舗のFacebookページにスタンプスダウンロードのリンクを貼ったこともとても効果的でした。 —SNS等ネットによる拡散に成功しているようですね。   本場ミラノの広告戦略を見本にQRコードをアピール —スタッフの皆さまへの共有はうまくいきました? 三上:操作方法が簡単なのでスタッフへの指示に困ることは特にありませんでした。もちろんサービスの品質を下げないために、オペレーションに負荷のかかることはやりたくありませんが、スタンプスがそういった心配がなく、安心して使いこなせています。今後もより良いサービスを提供するツールとして活用させていただきます。   —スタンプスを運営していく上で工夫していることはありますか? 三上:お店の入り口にスタンプスを貯めるQRコードを大きく貼りました。 スポンティーニ開店前にミラノに調査に行った際に、空港や街中の広告にかなり大きいQRコードが印字されているのがとても印象的だったんです。   インパクトが大きい分、これ何?と注目していただけることに意味があると思います。これを見て興味を持ってくれた人が増えたのは実感していますね。今後は、より一層店舗での取り組みを見返していきます。   —先ほどほどターゲットは女性のお客様とおっしゃっていたように、店内は女性で賑わっていますね! 三上:そうですね。女性のお客さまに興味を持っていただくためにはやはりポップなどを置くのが効果的なのではないかと今考えています! ー各テーブルで簡単にスタンプスを登録していただけるようなポップは、ご要望あればお作りできますので、ぜひサポートセンターまでお問い合わせください! 三上:ありがとうございます。   プッシュ通知のセグメント機能で開封率アップ —一番気に入っているスタンプスの機能をおしえていただけますでしょうか? 三上:プッシュ通知を自動化出来るのはすごく画期的でいい機能だと思います。 自分たちは店舗の運営で手一杯になって手放してしまうサービスに、手が行き届く機能だと感じています。   —他のサービスとの違いは感じますか? 三上:プッシュ通知の中でも、セグメント機能があることですね。正直、ここまで細かく出来るとは想像以上でした。性別や来店回数率、クーポンの有効期限等、お客様が欲しい情報を送ることができるから、ここまで開封率が高いのだと実感します。 他のサービスだと全体送信しか出来ない場合や、プッシュ通知の送信数に制限がある場合もあります。しかしスタンプスは細かく対象を絞れる上、送信回数も無制限なのが魅力的ですね! —ありがとうございます。   三上:手間をかけられないところを自動化出来るのは本当に助かります。 —今後も効果的なプッシュ通知設定の提案させていただきます!   使いこなせば確実に成果に結びつく —今後の目標はありますか? 三上:リピーターの獲得ですね。せっかくユーザーの分析機能があるので、存分に利用してマーケティングしていこうと思います。 スタンプスをきっかけに、スタンプを貯めることに楽しさを感じて、クーポンを使ってまたお店に行こうと思ってくださるお客さまが増えることを期待しています。 —会員は右肩上がりで増え続けているので、再来店率を限りなく100に近づけられるよう我々もサポートさせていただきます。   —スタンプス導入を検討されてる店舗にアドバイスはありますか? 三上:スタンプスは店舗の要望の殆どを叶えてくださいます。なので、機能をある程度使いこなせば確実に成果が出るサービスです。使う側の力量しだいでいくらでも満足できるサービスを提供してもらえているのでオススメです。 —本日はお忙しい中貴重なお時間を割いていただきありがとうございました! SPONTINI カスケード原宿店 所在地:渋谷区神宮前1-10-37 カスケード原宿 2F TEL:03-6434-5850   HP:http://www.pizzeriaspontini.jp/index.html
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    カフェ・喫茶店
    顧客管理データを活用してお客様満足度アップ
    浅草の情緒あふれる街の中に構える、お母さんの「あったらいいな」を形にした親子カフェとして知られるこちらの店舗は、お子様連れのお母さんたちで賑わっています。「子供がいるからできない」ではなく「子供がいるからできる」を実感してもらおうという思いで始められました、ぱんだカフェのオーナー(北本様)にスタンプスについてお話をお聞きしました!   人と人をつなげて心の拠り所に —ぱんだカフェのコンセプトをお教え下さい。 北本:家で一人寂しく過ごしているお母さんたちや、子育ての悩みを抱えているお母さんをなんとかケアしたいという思いでスタートしました。 一階のフロアは地元の方やお年寄りの方の一人ぼっちを解消して、人と人、物と物をつなげることを目指しています。 二階のフロアは社会からの疎外感・孤独感をなんとか排除したいという思いからアットホームで心温まる空間を作り出しています。     —どうしてこのようなコンセプトのお店を開こうと思われたのですか? 北本:私自身の周りにも決して幸せと言える環境に生きていない人は居ます。そういう人たちの力になりたいと思ったのがきっかけです。教師をやっていた両親の影響もあるかもしれません。 —そうなんですね。こういった店内のお店は初めてです。ぱんだカフェ様はたくさんの人々の心の拠り所になっていると思いますよ。   痒いところに手が届くアプリ —それでは、スタンプスを導入したきっかけをお教え下さい。 北本:スタンプスが持っているプッシュ通知や顧客管理、スタンプカードの役割、これらの機能全てが私たちの困っていることを解決してくれると感じて導入を即決しました。 —そう言っていただけて幸いです。 北本:「○○できますか?」と質問するといつも「できます!」と言って実現してくださるので本当に助けられています。スタンプスは痒いところに手の届くアプリです! —ありがとうございます!今後も要望ございましたらいつでもサポート担当までお申し付けください。     目につく工夫で登録者数増加 —導入後に苦労した点などはありますか? 北本:アプリをインストールするのが面倒という意見がありました。なので、お店を利用する際に書く同意書にスタンプスのQRコードを印刷して、必ずお客様の目に入るようにしました。メニューにもチラシを挟んでいます。     —同意書やメニューにスタンプスの案内をしたことで効果はありましたか? 北本:お食事をお待ちの時間にお客様が自ら登録してくださることが以前よりも増えました。いまでもスタッフから口頭で説明することも欠かさないようにしています。 —ありがとうございます。そのような取り組みの甲斐あって登録者数が順調に伸びています!   顧客管理機能を用いてより良いお店づくりを —一番お気に入りの機能は何ですか? 北本:顧客管理の機能です。データの詳細、来店時間帯、年齢層などが見れるのでとても便利です。ぱんだカフェでは親子で参加してただけるような「勉強会」を開催しているのですが、顧客管理データがあることで、今後どのような勉強会を開催したら喜んでいただけるか考える材料になるので助かります。 —それは何よりです。   一番の目標はお客様の満足度アップ —今後の課題はありますか? 北本:初回登録をしていただいたにも関わらず2回目のご来店の際にご利用いただけないお客様が中にはいらっしゃいます。ずっとスタンプスをご利用いただけるように努めていきたいです。 —プッシュ通知の開封率が高いにも関わらず来店率がよくないのはとてももったいないですよね。 北本:きっと、スタンプが貯まることでどんな良い特典があるかがうまく伝わっていないんだろうなと思うんです。それってぱんだカフェにとってもお客様にとってももったいないことなので、クーポンの発行などお客様への還元度を高めていきたいです。 —そうですね。毎回のようにお得なプレゼントがあったら自然と貯めるのが楽しくなるはずです!新しいクーポン内容など今後一緒に考えていきましょう。   —スタンプスをご利用いただいているお客様の反応はいかがですか? 北本:スタンプがどんどん貯まっていくうちに特典が増えて次に何がもらえるかワクワクするという声をよく耳にします。カードの下に今後発行されるクーポンが表示されるのでそれを目標にスタンプを貯めるお客様もたくさんいらっしゃいます。 —すぐに特典がもらえるとわかるとたくさんお店に行きたくなりますよね!   —ぱんだカフェ様が配信している誕生日クーポンは開封率80%を超えています。お客様に喜んでいただけている実感はありますか? 北本:とてもありますね。スタンプスに登録したことでメリットを感じていただけているのが見て分かります。 ぱんだカフェは、ご来店してくださった全てのお客様に笑顔で帰っていただくことを目標にしています。その目標達成をスタンプスが手助けしてくれているようにいつも感じています。 —お客様の満足度が高まるのが一番です。今後もお店・お客様双方に喜んで頂けるようサポートさせていただきます。   得だらけのサービス —今後欲しい機能はありますか? 北本:うちのお店はお子様をお持ちのお母様方に親子で楽しんでいただけるカフェです。同じような親子カフェが最近は増えています。ぱんだカフェのスタンプスを登録しているお客様に、スタンプスを導入している他の親子カフェをお勧めできる機能があればいいなと思います。 —なるほど。条件付けてスタンプス導入店を検索できればとても便利ですね。貴重なご意見ありがとうございます。   —スタンプス導入を検討中の方にアドバイスはありますか? 北本:有料プランを使っていい結果を実感した方がいいと思います。ぱんだカフェはスタンプスを利用していなかったら売上もここまで行かなかったし、リピーターもきっと増えていませんでした。自分たちでは手が回らなかったことをスタンプスはサポートしてくれて、解決してくれます。得だらけのサービスなのでおすすめです。 —嬉しいお言葉です。お忙しい中ありがとうございました!     ぱんだカフェ 所在地:東京都台東区雷門1丁目7−7 TEL:03-5806-0391  HP:https://www.link-up.tokyo/cafe/
  • LAPAZ スタンプス(stamps)導入事例画像
    アパレル
    30・40代のスマホ世代以外の層に愛されるアプリ運用の秘訣
    今回は1973年創業後、多くの人から愛され続けている大阪のカジュアルセレクトショップLAPAZのオーナー山元鶴也様(以下敬称略「山元」)にお話をお伺いしました!充実感・満足感を感じていただくことを目標に、「時間にとらわれることなく、ゆっくりと商品を見て欲しい」という思いからお客様との距離感を大切にしている、お店ならではの運用方法は必見です。   愛着のわくお店づくりを ーまず初めにお店のコンセプトを教えてください。 山元:LAPAZは個人営業のお店なので、一人ひとりのお客様を大切にしています。数打ってなんぼではなく、スタッフと一緒アットホームな空間を楽しんでいただいて、愛着がわくお店を目指しています。 —なるほど。お店への愛着は顧客獲得に直結しますよね。 山元:はい。「おもてなし」「気遣い」を大切にすることで、一人ひとりのお客様に対してのサービスを極めるようにしています。 —とても素敵な心がけですね。お店の雰囲気、接客にその思いが反映されているのが伝わってきます。 頼り甲斐のあるサービス・サポート —では、スタンプス導入のきっかけを教えていただけますか? 山元:LAPAZは元々紙のポイントカードを使用していました。新しいサービスを始めたいなと思っている時に、ネットでたまたま検索して「スタンプス」のサイトを見たのがきっかけです。   -導入の決め手は何でしたか? 山元:ホームページを見て、実現できたらいいな〜と思い描いていたことが全て網羅されていたことです!今後伸びていきそうなアプリを最初から使っていたらLAPAZにとっても利点になるだろうなと思いました。 —嬉しいお言葉です。ありがとうございます。   —スタンプスを利用していて良かったなと思う点はございますか? 山元:アプリの機能はもちろんですが、今まで利用してきたサービスに比べて頼り甲斐があるという点ですね。困った時はすぐにサポートしてくださいますし、スタンプスをよりよく使ってもらいたいという思いが、サポートスタッフの姿勢から感じ取れます。 —ありがとうございます。今後も手厚くサポートさせていただきます!   顧客データ管理で一人ひとりに対するサービスを手厚く —では、スタンプスのお気に入りの機能がありますか? 山元:顧客データがわかりやすく管理できることですね。うちはそんなに頻繁にクーポンを出してお客さんを引き込むタイプの店ではないので、普段のお客様の来店状況を数値で確認した上で、来店状況に応じてプッシュ通知などで自動でお知らせできる機能は本当に便利だと思います。 —一人ひとりに対するサービスを重要視されているLAPAZさんならではですね。 山元:お客様一人ひとりにも感情があるのは当たり前です。前回いつ来店したかをスタッフが覚えていたらより一層愛着が強まる。そのサービスを極めることをスタンプスがサポートしてくれているように感じます。 —お役に立てているようで何よりです。   30代・40代の会員獲得にはサポートが必須 —LAPAZさんの会員は30代と40代の方で7割以上を占めています。スマホ世代以外の年齢層にスタンプス登録を促す際に苦労されている店舗が多いのですが、どのようなご案内方法がこういった結果につながっているのか教えていただけますか? 山元:うちはお会計をするまでになるべく会話をするようにしています。その時にお客様に自然な流れでスタンプスのこともご案内するように心がけています。初回登録用のチラシを作っていただいたので、そちらもお渡しするようにしていますね。でもやっぱり「よくわからないから家帰ったらやるね〜」とおっしゃって忘れちゃう方も多いんです。そういう時は、その方がもし2回目ご来店された場合、こちらから登録を再度提案して、登録完了までサポートしています。 —なるほど、店頭でのサポートが反映されているのですね。2回目のご来店がある方は固定客になることが多いのでスタンプス登録されていた方が確実にお得ですもんね! 山元:そうですね。初回登録さえクリアすればあとはただ貯めて、クーポンゲットできるので!そのお得さを伝えるようにしています。 —参考になります。お店のホームページにもスタンプス登録のリンクを載せていただいてますね。ありがとうございます。   (出典:http://www.lapaz.jp/) 安心感のあるアプリだからこその可能性 —では、スタンプスを運用するうえで今後の課題はありますか? 山元:今はまだ使えていないランクアップ機能を使っていきたいです。スタンプを貯める楽しさがお店への愛着にもつながると思うので! —おっしゃる通りです。ランクアップ機能の有効活用法なども今後提案させていただければと思います。   —では、最後に今後スタンプス導入を検討されている店舗にアドバイスはありますか? 山元:スタンプスは機能もいいですが、しっかり対応してくれるサポートの「安心感」が一番の取り柄です。客様の気持ちに応え、お店をより良くするためにオススメのアプリです。 —お忙しい中ありがとうございました!今後もよろしくお願いいたします!   LAPAZ 所在地:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1−14−17 TEL:0669450918 HP:http://www.lapaz.jp/
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    ヘアサロン
    全店舗で再来店率は90% 定期的にスタンプス会議を実施
    お客様にゆったりしたお時間を過ごしていただくため、通常のヘアサロンと比較しておよそ1.5倍の時間を掛け丁寧なサービスを提供している男性専用のヘアサロン、ペピーズヘアーのオーナー池野様にお話しを伺いました!丁寧なマンツーマン対応で再来店率は90%!殆どのお客様がリーピートしてくれています。また、夜21時まで営業していて仕事帰りのお客様にもうってつけです。 抵抗感を感じさせないスタンプカードとして採用 —早速ですが、スタンプスの導入の経緯を教えていただけないでしょうか? スタンプスの立ち上げ時にサービスを紹介していただいたのがきっかけです。男性のお客様はスタンプカードを持ち歩く方ってとても少ないんです。お客様に少しでも抵抗感があることをやりたくなかったので今までスタンプカードは一切使っていませんでした。   —それでもスタンプスを導入しようと思い立った決め手は何ですか?   スタンプスでしたら財布の中も重くならないですし、新しいサービス提供に挑戦している感があるので導入を決めました!   —ありがとうございます。スタンプスに対するお客様の反応はいかがでしょうか?   最初にスタンプスを紹介した時は「もっといろんな店でこのアプリ始まればいいのにね!」と言っていただけました。   —お客様からの反応も良いようでとても嬉しいです!   お財布の中にどんどんカードがたまっていくことも嫌ですし、「ポイントカードお持ちですか?」と聞かれてお財布をがざがさ探すのも嫌!という方が多かったのですが、スタンプスを案内した際は抵抗感が少なそうでしたね。   —お役に立てているようで幸いです。 スタンプスの活用会議でお客様に浸透 —スタンプス導入にあたって、スタッフの皆様にはどのように共有されましたか?   各店舗一人ずつスタンプスのサービスの先頭を切る人を作って、定期的にスタンプス会議を行っています。   —具体的にはスタンプス会議で何を話し合われているんですか?   スタンプスご案内の方法や、お客様の反応・好事例など、サービス向上に関わることです。   —スタンプスご登録のご案内はどのようにされていますか?   「持ち歩かなくて良いスタンプカードです」とお会計の時にご案内するだけで、反応はいいですね。セールスみたいには絶対したくないんです。スタンプスのサービスはシンプルなので無理に進めなくても受け入れていただけますし、自信を持ってお客様のためにご案内しています。   —スタンプス会議まで開いていただいて、そこで話し合われた最善を尽くしていただけているようですね!!   全店舗いずれも再来店率90% —そのような細やかな配慮もあってか、ペピーズヘアーさんの再来店率はなんとどこの店舗も90%です!!この数字に実感はありますか??   うちの店は固定客の方がすごく多いのは営業をしていていつも感じます。   —男性の美容室利用頻度は一ヶ月半に1度程度と聞きましたが、そうしますとスタンプが貯まるスピードも速いのでは??   そうですね。どんどんスタンプがたまって、気づいたらクーポンもたまって、「こんなにお店に来てるんだぞ」という満足感につながっているようです。クーポンを消費せずに貯める主義の方もいらっしゃったりして笑   —目に見えてどんどんスタンプがたまっていくのは嬉しいですよね!   —具体的に、クーポンはどのようなものを発行していらっしゃるんですか?   うちの店は基本的に値引きは一切しません。価格を下げるのではなく、いつもの価格でもう一つサービスをプラスで提供できるようにクーポンを作っています。   —待合室のソファーに座って一番に目に付くこちらは、初回特典でしょうか?? はい。今は鼻毛脱毛を推しているので、最初のクーポンをこちらにしました。これをきっかけに次回からもやってみようと思われるお客様が多いので、非常に助かっています。   —クーポンが、お客様に新しいサービスを体験していただく機会になっているんですね! スタンプ取得はわずか1秒で完結 —スタンプスの機能でお気に入りのものはありますか?   機能といいますか・・・QRコードを読み込むスピードがすっごく速いのは毎回スタッフもお客様も驚きます。レジで時間を取らせるのは非常に気がひけることなんですが、スタンプスは1秒足らずで読み込んでくれるので、ストレスを感じることがなくとても助かっています。   —「読み取らないから今回はいいや・・・」となってしまうのはとても勿体ないですもんね。 —今後スタンプスをご利用いただく上で、挑戦したい機能などはありますか?   あまりに多くのサービスやりすぎるとストレスになるかな?って考えたりもしていましてちょうど悩んでいます。   —以前インタビューさせていただいた男性用ヘアサロンさんですと、アンケート機能をやりたいとおっしゃっていました。   なるほど!確かにアンケートいいですね!!施術中には聞けなかったお客様の満足度や求められていることが知れたらサービスの向上にも直結しそうですね。   —ぜひご検討お願いします!   —では、最後に今後スタンプスの導入を検討されている方にアドバイスはありますか?   スタンプスは財布の中にあまり物を入れたがらない男性にも響くサービスです。 ぜひ試してみてください!   —お忙しい中ありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。  
  • Rico スタンプス(stamps)導入事例画像
    スポーツクラブ
    アンケート機能で属性や来店状況に応じてお客様の声を収集
    スポーツジム「コ・ス・パ」を運営する株式会社オージースポーツの新業態であるRicoは会員制女性専用フィットネススタジオです。 働く女性が自宅と仕事場を繋ぐ場所として、仕事や買い物のついでに気軽に立ち寄り、安心して運動を続けることを応援する、オージースポーツの秋田マネージャーと杉立様、奥田様(以下敬称略、秋田、杉立、奥田)にお話しを伺いました!   -まずはお店のことを教えてください 秋田:女性専用のフィットネススタジオを運営しております。働く女性層をメインターゲットに、働きながらより綺麗になって頂きたい、そんな想いでこの事業を開始しました。そして、よりくつろいでいただける場所になってくれればいいなと思っています。     -スタンプスを導入されたキッカケは何ですか? 秋田:これまで以上にもっとお客様とコミュニケーションをとっていきたいと考えたのがキッカケです。 これまでの私たちのフィットネス事業とは違う層、働く女性をターゲットに、ガラリとイメージを変えることを意識しました。振り切ることを意識していて、内装にもかなりこだわっています。   -すごく細かいところまで内装に気を使われていて、壁とかもレンガになっていますもんね(笑) その上にスターバックスのコーヒーも飲めるんですね。 秋田:カフェを併設することで、レッスン以外も来ていただきたいと考えています。ご友人との待ち合わせや一緒にくつろいでもらえる場所にして頂いて、フィットネスをもっと身近なものに感じてもらいたい。仕事場と家の中間を目指し、隠れ家のようなものにしていきたいと考えています。そのためにもっとお客様とコミュニケーションをとろうとスタンプスを導入しました。   -スタンプスを活用していて、お客様の評判はどうですか? 杉立:5回以上来店されているお客様が8割で、お客様に用意している特典はすごく喜ばれています。特典は複数用意していますが、ラウンジで販売しているスムージーのサービス特典が一番喜ばれていますね。   秋田:今後、ヘビーユーザーの方により満足していただけるような仕組みを強化していく予定で、ヘビーユーザーの方が一目でわかる色違いのボトルなど限定品をプレゼントするなどを考えています。私たちとしては他店へのスイッチングコストを作れる、お客様としては利用すればするほど満足度が高くなっていく、Win-Winな関係を設計出来るというところがスタンプスの良いところですね。   -スタンプスで気に入っている機能はありますか? 秋田:3つあって、プッシュ通知機能、ポイントカード機能、紹介機能を気に入っています。中でも、一番いいのはプッシュ通知機能ですね。 先日、急遽お客様に連絡しなければいけないことがあって、メールだとどうしてもリアルタイムで伝わらないなかったのが、プッシュ通知では、多くの方に気づいてもらえるので、とても助かりました。   一方で、普段の利用に関して自動で配信される機能がすごく便利だと感じています。 新規のお客様に来店時に自動で配信されるクーポンなど、細かく来店回数に応じて自動でクーポンを送信することが出来る細かさが良いですね。   -プッシュ通知による共有キャンペーンも行っていますね。 杉立:SNS投稿で1スタンプのボーナスを差し上げています。この取り組みは大変好評で今後も継続していきたいと思っています。投稿された内容は自社へのHPへ遷移させることもできるので、アクセス数増加につなげていきたいです。   -アンケート機能はどうですか? 秋田:年齢や来店回数などで絞ってお客様の感想などを収集できるのはすごくいいですよね。今後開催予定のイベントでも積極的にアンケートをとっていきたいと思っているので活用していくつもりです。   -今後の展望について聞かせて下さい。 秋田:既存のお客様の来店回数・頻度の向上には今後も活用しつつ、イベントで来館された方の顧客化にしっかり使っていきたいと思っています。   サポートデスクに問い合わせしてもしっかり対応いただけるアフターフォローの良さもすごい助かっているので、これからも頼りにさせてもらいます。   -ありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いします。 秋田:こちらこそよろしくお願いします。                                    オージースポーツ Rico 所在地:大阪市中央区南船場三丁目11番10号心斎橋大陽ビル2階 TEL:06-6251-2681 HP:http://rico-cospaforwomen.jp/
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    洋食
    遊び感覚で貯められる新しいスタンプカード
    備長炭使用のこだわり炭焼きステーキやハンバーグ、10種類以上の季節の野菜が美味しいサラダバー、魚沼産コシヒカリ100%のこだわりの大釜戸ご飯でお子様連れファミリーから多くのお客様に支持され、遂に100店舗を突破したステーキハウス・ブロンコビリーさんにスタンプスについてお話を聞かせていただきました!(以下、敬称略「ブロンコビリー」) ーではまず初めにスタンプスを導入した経緯をお教えください。 ブロンコビリー:様々なクーポンをもともと利用していて、その中でスタンプスさんのお話を聞き、ほとんどの方が持っているスマートフォンで手軽にできる上、スマートフォンという現代のツールを使いつつも、従来のスタンプを貯めるという楽しさも味わえるところが気に入り導入してみました。 ーありがとうございます。お客様の反応はいかがでしたか? ブロンコビリー:こんなのあるんだ!と驚いていただいています。長くお客様に提供しているクーポンの中にスクラッチも実施しているんですが、同じ遊び感覚で多くのお客様がその場でダウンロードして下さいます。 ーそうなんですね。喜んでいただき私共もとても嬉しいです。 ーでは、困った事はありましたか? ブロンコビリー:やはり、ダウンロードがスムーズにいかない時はあります。ただ、その時はお客様にチラシを持って帰っていただいてお家でゆっくりやっていただくようにしています。 ー他にも何か工夫されていることはありますか?   ブロンコビリー:不正防止の観点から、店内でないとスタンプが貯まらないようにお客様の位置情報で制御しています。中高年のお客様も多いので、スマートフォンの位置情報設定で戸惑ってしまうお客様が多かったですね。 ーでは、今はスムーズに行えていますか? ブロンコビリー:そうですね。位置情報が上手く設定できない場合に備えて専用のQRコードも用意していますので、スマートフォンの操作になれない方も問題なく取得いただけています。後はそうですね、一度ダウンロードして二回目来店のお客様は、クーポン利用時の画面提示タイミングがわからない方が多いので、そういった方には来店時にスタンプスをゲットして注文時に画面提示がとてもスムーズですよ。という誘導をスタッフ一同でしています。 ースタッフ様皆さまで取り組んでいただいているようで嬉しいです。昨年秋よりグーッと伸びた会員獲得の工夫もお教えていただけますか? ブロンコビリー:間違いなく手作りチラシと、抽選等の遊び感覚を提供したことだと思います!ジャン! ーチラシはこの手書きの感じがとても可愛いですし、何よりとてもわかりやすいですね!! ブロンコビリー:本当ですか。(笑)ありがとうございます。 ー抽選に至っては実施期間中の新規会員数が通常の3倍になり、予想以上の効果と聞いています。 ブロンコビリー:はい、本当に予想を上回る結果で満足しています。今までは冒頭お話しした紙のスクラッチでの抽選でしたが、アプリの抽選は新しい試みでした。この企画は是非拡散させたいですね。   ー素敵な工夫だらけでとても嬉しいです。スタンプス、たくさんの機能があるのですが、その中でお気に入りはありますか? ブロンコビリー:個人的に、他ではできない大人の方へのバースデークーポンがとてもお気に入りです。お子様へのものはあるのですが、大人の方用はスタンプスだけなので。 ー確かに大人の方用はスタンプスだけですね。ブロンコビリーさんでは具体的にどのようなことをしているのですか? ブロンコビリー:手作りケーキでお祝いさせていただいています!お客様もとても驚いていただいて、大好評です! ー確かにそれは嬉しいですね。ブロンコビリーさんのこの店内のあたたかい雰囲気にぴったりのクーポンですね!その他にもスタンプスは随時機能をアップデートさせていて、新しい機能まだまだあります。活用上手なブロンコビリーさんにどんどん使っていただきたいです。例えば、写真をアップロードできる機能があり、顧客満足度調査にお使い頂いている店舗様は多いです。抽選と結びつけても面白いですね。 ブロンコビリー:わ!それとても便利ですね!是非、すぐに提案させていただきます。 ー是非お願いします。では、最後にこれから始める方や、導入を検討されている方にアドバイスをお願いします。 ブロンコビリー:みんな、もっともっと使えばいいのに!と常々思います。手軽でお得な情報を簡単に送れ、受け取れ、店側もユーザー側もどちらにとっても便利で素敵なものです。 ー様々な工夫をご紹介いただき、ありがとうございました! 当インタビューの内容は2016年5月時点の情報です ブロンコビリー 本社所在地:〒465-0097 愛知県名古屋市名東区平和が丘一丁目75番地 電話番号:052-775-8000 店舗ウェブサイト
  • スマートネイル スタンプス(stamps)導入事例画像
    ネイルサロン
    お客様の常連化、アンケートに活用!来店数の85%がリピーター化
    キレイ・丁寧・安心のコンセプトで、表参道からご提供しているネイルサロン、スマートネイルの森下様(以下、敬称略「森下」)にスタンプスについてお話をお聞きしました! スタンプスを導入したきっかけ ースタンプスを導入した経緯をお教えください。 森下様(以下、敬称略「森下」):2013年の11月のサービス開始のタイミングで、日経産業新聞の一面記事になっているのを見たことがきっかけです。紙のスタンプカードだと、自宅に置き忘れることもあると思います。一方でスマートフォンは常に所持している人が多く、今後スマートフォンの利用が広がってくると考え導入しました。 ーありがとうございます。 スタンプスでスタッフのモチベーション上昇 ー導入されるにあたって工夫されたことはありますか? 森下:スタンプスを利用いただくお客様の気持ちを理解してもらうために、全従業員にスマートフォンを持ってもらうようにしました。そして、ご来店されたお客様に100%スタンプスのご案内をすることを徹底しました。 ー従業員の皆さんの反応はいかがでしたか? 森下:結果的にお客様が増え、スタッフのモチベーションも上がっているように感じています。 ーお客様とスタッフの皆様双方の満足度が高いのは何よりも嬉しい結果ですね。 割引率がお客様満足度に直結 ーでは、スタンプスを利用するうえで気をつけていらっしゃる点はありますか? 森下:お客様の満足度を高めるため、割引率は意識しています。自分がお客様だとしてスタンプがたまりにくかったり、たまった時の還元が少なかったりすると逆に満足度が下がってしまうと思うんですよね。ですので当店では、しっかり還元をしています。 ー以前弊社のブログでも取り上げさせて頂いたのですがどういった還元をされるかが会員化促進にあたってはとても大切だと思います! お客様に手間をおかけしないよう環境整備 森下:あとは、お客様に手間をおかけしないよう注意を払っています。普段あまりアプリをダウンロードされないなど操作がお分かりにならないお客様に対しては従業員が登録のお手伝いしています。また、お客様のスマートフォンによって、電波があまり良くないケースがあったので、店内にWi-Fiを設置して電波がわるい場合には利用してもらうようにしました。 ーなるほど。利用者ならではの目線でもありますね。 グラフを見る視覚的楽しさ ー実際にスタンプスをお使いになってみて気に入っている機能はありますか? 森下:今まで紙のカルテで管理していたようなお客様の来店傾向やお店の強み弱みがグラフですぐにわかるのがとても気に入っています。グラフを見るたびに視覚的楽しさがあります。あと、プッシュ通知経由でアンケートを実施して、お客様の生の声を取得できるのも便利です。 ー“視覚的楽しさ”大切ですよね。 利用にあたっての課題 ー逆に何か課題はあったりしますか? 森下:スタンプスを100%お勧めするようにしていると言いましたが、正直なところ、中にはやりたがらないお客様もいらっしゃいます。やりたくないという理由のほとんどが「特典の還元率が低そう」「登録が面倒そう」という2点です。これらの懸念点をなくすために先ほど申し上げたようなご案内・お手伝いをしっかりするなど工夫を行っています。 ーなるほど。他のお店でもうまくご活用いただいているお店は、お客様への最初のご案内で工夫されていらっしゃるようです。弊社として出来る限り店舗様の負荷を下げるべく、近日新しい機能をご用意させていただく予定です。 森下:楽しみにしています!(笑) フォローの手厚さ! ー他のサービスとの違いは何か感じましたか? 森下:他のサービスとくらべて、フォローの手厚さに驚きました。電話で相談させていただいたり、直接お話させていただくことで、不安もすぐに解消されました。 ーご使用いただいている皆様の声を聞くことができて我々も嬉しいです。ありがとうございます。 来店者の85%がリピーター!2店舗目開店! ー実際にスタンプスの効果を感じられることはありますか? 森下:以前は、初回割引が目的で一度だけいらっしゃる方も多かったのですが、お店を気に入ってくださり2回目以降のご来店につながることが増えています。現状で、来店数の85%がリピーターです。 ー85%はすごいですね。 森下:また、60%以上の方が3回以上ご来店されています。その効果もあって、近々表参道に2店舗目を開くことになりました。 ーそうなのですね。おめでとうございます! 森下:ありがとうございます! 今後スタンプスへの希望 ー今後ご使用されたいと考えていらっしゃる機能などございますか? 森下:紹介クーポンをぜひ使用したいです。今でも紙でクーポンを運用しているのですが、スタンプカードと同じで紙だと失くしてしまって意味がないというケースが非常に多いので・・・。少しでもお客様に喜んでいただけるサービスを増やしたいと考えています。 ーかしこまりました。早速、設定をさせていただきます! スタンプス導入をご検討中の方にアドバイス ー最後に導入をご検討されている方にアドバイスはありませんか? 森下:スタンプスはお客様がお店を気に入られたかを知るバロメーターになります。実際に利用することで、スタンプをためる楽しさと同時に次の来店につながることが多いと感じることができました。ご来店してくださるお客様に感謝し、特典によって差別化し、顧客を確保する。お店にも、お客様にもたくさんの得があるアプリです! ーありがとうございました! スマートネイル表参道店 所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-12-21F 電話番号:03-6427-2786 店舗ウェブサイト
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    麺類
    会話のきっかけを生むコミュニケーションツールとして活用
    東京都国分寺市、国分寺駅から徒歩7分にあるラーメン屋、麺、スープ、そして餃子全て自家製!地域に根ざしたラーメン店を目指しているらいおん亭の店長 下平信彦様(以下敬称略、「下平」)にスタンプスについてお話をお聞きしました!   ーまず初めにお店のコンセプトを教えてください。 下平:全てスープに合わせて一番合うように手作りをすることにこだわっています。麺は二種類の粉をブレンドしているし、チャーシューもメンマも手作り、醤油・味噌も手造りです。スープ・麺に合わせて作っています。 —なるほど。すごくこだわりを持たれているんですね。ラーメンを食べさせて頂きましたが、こだわりが感じられて、とても美味しかったです。どのようなお客様が多いのでしょうか? 下平:幅広い年代層に来て頂いていますね。近くに大学があるので、学生も多いです。ただ、駅近くでないので、新規のお客様に来てもらうというよりは、地域に根ざしたラーメン店を目指しています。 —新規を獲得するよりも、リピーターの方を増やすことに注力されているんですね。   手厚いサービス・サポート —では、スタンプス導入のきっかけを教えていただけますか? 下平:もともと別のサービスをやっていました。初めはメルマガをやっていましたがサービスが終了してしまって、次に他社のスタンプスと似たサービスをやっていました。ただ、月額利用料が高額な割りに期待した費用対効果が出ず、サポートがあまり良くなかったので、他社と比べて安価で分かり易いスタンプスに変えさせていただきました。   -他社のサービスから切り替えていかがですか? 下平:前のサービスから移行する時のスタンプをどうするか、スタンプは維持したままでやりたかったのですが、その要望にも答えて頂き、サポートの手厚さにとても満足しています。 —嬉しいお言葉です。ありがとうございます。   —スタンプスを利用していて良かったなと思う点はございますか? 下平:スタンプスを通してお客様との会話が生まれるようになったのが良かったです。お店の立地的にも元々リピーターの方が多いので、なんとなく何回か来ているなって思うお客様も、クーポンの利用時に何回ご利用されているか目に見えて分かるようになって、クーポン利用が会話のきっかけになっているのはすごく良いです。今はもう、お客様にも私たちにも馴染みきった当たり前のサービスになってるんじゃないかと思います。   —ありがとうございます。 スタンプスを利用していてお客様の反応はどうですか? 下平:繰り返しになりますが、当たり前のように使っていくれるサービスになっていると思います。スタンプによる来店数に応じた特典はお客様にも楽しんで頂けて好評です。来店頻度は確実に上がっていると思いますね。スタッフもそれは実感しているみたいです。 —良いですね。もっと常連のお客様を作ることに貢献できるようによりいっそう努力致します。   スタンプスの機能を使って新しい取り組み —スタンプスを利用していて困っていることはありますか? 下平: 顧客分析はしていますけど、お店からのお知らせはあんまり使っていないんですよね。誕生日月とかにクーポンをお送りしたら効果があるかもしれませんね。 —プッシュ通知機能を使って初めてみましょう!誕生月とか月別で区切らなくても、お客様一人一人に期間を設定して、例えば誕生日の15日前に、自動的にメッセージとクーポンが送れます。   下平:そうなんですね。お店が忙しいので、 詳しく機能を試す時間がなかったんですが早速使ってみます。 —雨の日に自動でクーポンを送れるプッシュ通知機能もありますにでご案内致します。また、私たちはお忙しいスタンプスクライアントの皆様にさらに使い易くするため、今回のご意見を反映させて頂きたいと思います。何かご要望はないでしょうか?     下平:そうですね。メルマガでやっていたようなクーポンの内容と文章の内容を考えるだけの簡単な仕様だと、忙しい合間でも出来るんじゃないかと思います。 —そうですね、ご指摘通り、現在の細かく設定をしないといけない仕様から、よく使うプッシュ通知の機能は、クーポン内容、文章と写真を決めるだけで出来るように簡易化したいと思います。すぐに変更させて頂きますので、実装を楽しみにしておいて下さいね。  下平:ありがとうございます。 —では、最後に今後スタンプス導入を検討されている店舗にアドバイスはありますか? 下平:私のような忙しくて普段パソコンが開けないお店でも、スタンプスさんにお願いすれば設定出来るようにしてくれているので、規模の大きさに限らずにスタンプスを使ってみても良いのではないかと思いますね。 —お忙しい中ありがとうございました!今後もよろしくお願いいたします!   らいおん亭 所在地:〒185-0021 東京都国分寺市南町2丁目1−36 国分寺SGビル 1F 電話番号:042-323-6261 店舗ウェブサイト
  •  スタンプス(stamps)導入事例画像
    カラオケ・アミューズメント
    導入の決め手はサポート!?ポイント&プッシュ通知を活用しお客様を常連化
    地元に愛されるカラオケ屋。100種類以上のドリンクが飲み放題で、高級喫茶店でしか使われないコーヒーメーカーや、フリージングハイボール等、カラオケだけではなく低価格で高級居酒屋気分になれるおんちっちの店長 ニュータウン中央駅前 店長 大久保貴史様(以下敬称略、「大久保」)に、スタンプスについてお話しをお聞かせ頂きました。 他社と比較し、対応の早さに惹かれて採用 —スタンプスにお問い合わせをしていただいた経緯を教えていただけますでしょうか? 大久保:以前、同じようにメッセージを送信できるアプリを2社使用していたのですが、どれも送信する文章は毎回自分で打つ手間があったんです。設定さえすればもっと簡単に使えて、お客様にとっても便利なアプリを求めていました。ポイントを貯められて、プッシュ通知を送信できる機能がほしかったので、「スタンプカード アプリ」などとWebで検索して、スタンプスにたどり着きました。   —スタンプス導入の決め手は何でしょうか? 大久保:アプリを調べていると、作るのに100万円以上かかるところもたくさんあって驚いたんです。うちの場合はチェーン店ではないので、莫大な予算をアプリの運用にかけることはなかなかできないのが悩みで…。それでも、うちの店で何かいいアプリを作れないかと探している時に価格も機能も魅力的なスタンプスに出会いました。ユーザー評価も高くて、オリジナルの販促物を作って貰えることにも魅力を感じて「これだな!」と決めました。 —ありがとうございます。 —お問い合わせいただけてからすぐに運用が開始しましたね。 大久保:他社さんは最初の連絡から運用開始まで、なんだかんだ一ヶ月ほど連絡がこない事も少なくないのですが、スタンプスは2日後には運用開始出来る所まで進めてくれて、今までで一番対応も早くて且つ丁寧だったので驚きました! —嬉しいお言葉です、ありがとうございます。   スタッフの意識向上の秘訣は愛着 —スタンプス導入後、スタッフさんの反応はいかがでしょうか? 大久保:やはり必要以上にたくさんのことをフロントで案内するのはスタッフにもお客様にもあまりいいことではないので、私が見ていないときちんとスタンプスの案内をしないのでは?と少し不安でした。なので、スタッフ自身もスタンプスに登録して使用出来ることを福利厚生の一つとして認めたんです。 —スタッフの方もスタンプを貯めれるようにされたんですね? 大久保:そうです。スタンプを貯めてゲットしたクーポンは遊びに来た時に使っていいように決めたので、自分でスタンプスを使用する機会が増えて愛着も沸いてからは「お客様にも勧めよう」とする傾向が見られるなと感じています。   常連客の変化に気づけるデータ管理 —お客様の反応はいかがでしょうか? 大久保:スマホのアプリなので利用者は若者だらけなのかな?と予想していたのですが、50代以上の方々にもたくさんご利用いただけていて驚いています。皆さんスマホに慣れているのでどの年代のお客様にも分かりやすくうまく使っていただけている印象です。   —運用を開始されて2ヶ月が経過しましたが、ダウンロード数などをご覧になって効果は実感されますか? 大久保:以前使っていたアプリに比べると会員数の伸び率がいいです!スタンプスは説明にも時間があまりかからないですし、クーポンが魅力的なのも理由の一つかと思います。 —クーポン配信の効果はありましたか? 大久保:プッシュ通知を使って送ったメッセージやクーポンの効果はとても実感します。「クーポンが届いたので来ちゃいました!」と言われることも結構あって、月に3回の来店頻度だった方が4、5回に増えています。いままでは、カラオケって毎日違う顔ぶれのお客様がいらっしゃってると思ってたんです。でも、スタンプスを導入してからお客様が何回ご来店してくださったのかを確認できるようになって、「常連さんってこんなにもいたんだ!」ときづかされました。   うちはセルフサービスのお店でドリンクバー方式なので接客する時間が少ないんです。ですが、スタンプスのクーポンの魅力を先にお伝えしてからアプリの説明をすることで、お客様との会話のきっかけになったと思います。 —クーポンの工夫やメッセージ送信の頻度の調節などをご提案して、もっとたくさんの方にリピーターになっていただけるきっかけ作りを今後もスタンプスでお手伝いさせていただければと思います!   —クーポンをきっかけにお客様にスタンプスをご利用していただくために何か工夫されていることはございますか? 大久保:クーポンの魅力をお客様に伝えるために手作りのポップを置いています。 —分かりやすくてとても素敵ですね!   目標はスタンプスで地域内送客 —今後もっとこうしてほしい!というスタンプスへの要望はございますか? 大久保:スタンプスの機能に関してはとても満足しています!一つ要望があるとすれば、スタンプスを地域活性化に活かしたいです。このお店はベットタウンにありますが200軒近いお店があるんです。うちの店だけでなく、近くのお店がスタンプスを始めたり、近くのお店にスタンプスのチラシを置くことで、「この地域に行くとスタンプスが使えるお店が多いね!」となれば自然と各々の店への送客効果があるのではないかと思います! —貴重なご意見ありがとうございます!ぜひ参考にさせていただきます。 —では、最後に今後スタンプスの導入を検討されている方にアドバイスはありますか? 大久保:スタンプスは充実した機能のみでなく、迅速且つ丁寧な対応もとても魅力的です。アプリを作ることにたくさんの時間と予算を使えない店舗の方でも、簡単に充実したアプリを作ることができるのでオススメです! —ありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!   おんちっち千葉ニュータウン中央駅前 所在地:千葉県印西市中央南1丁目8 TEL:047-640-0008
Top scroll btn